家畜の歴史について その22

前回は「呼吸は大気なり」というという名言が生まれました。

今回は新しい段落「汗」のようです。

Perspiration

-汗

Is the counteracting agent which modifies this result, and prevents the injurious effects, which, under exposure to great external heat, would ensure certain destruction.

-この結果を改変する中和剤は、外部からの大きな熱に曝された場合に破壊を確実にする有害な影響を防止するものである。

汗は外熱からの影響を防止します。

気になった英単語

  • counteracting(相殺する)
  • prevents(予防する)
  • injurious(有害な)
  • exposure(暴露)
  • ensure(確実に)
  • destruction(破壊)

And this too, it will have been seen, is provided at the expense of the animal food. When from excessive heat, caused by violent exercise or otherwise, by which respiration is accelerated and the animal temperature becomes elevated, the papillæ of the skin pour the limpid fluid through their innumerable ducts, which in its conversion into vapor, seize upon the animal heat and remove it from the system, producing that delicious coolness so grateful to the laboring man and beast in a sultry summer’s day.

-そして、これも、動物の食べ物を犠牲にして提供されていることがわかります。 過度の熱で、激しい運動などによって呼吸が促進され、動物の体温が上昇すると、皮膚の乳頭は、無数のダクトを通って透明な液体を注ぎ、動物の熱を奪う それをシステムから取り除いて、暑い夏の日に働いている人間と獣に感謝して、その美味しい涼しさを作り出します。

暑い夏の日に働いている人間と獣に感謝して、
その美味しい涼しさを作り出します。
美味しい涼しさを作り出します。
↑googleが詩的になった。

気になった英単語

  • expense(費用)
  • excessive(過度の)
  • respiration(呼吸)
  • accelerated(加速された)
  • limpid(透明な)
  • laboring(働く)

These two opposing principles, like the antagonistic operations of the regulator in mechanics, keep up a perfect balance in the vital machine, and enable that entire division of the animal creation, distinguished as warm-blooded, including man and the brute, all the feathered tribes, the whale, the seal, the walrus, &c., to maintain an equilibrium of temperature, whether under the equator or the poles; on the peaks of Chimborazo, the burning sands of Zahara, or plunged in the depths of the Arctic Ocean.

-この2つの相反する原理は、力学者のレギュレーターの拮抗的な操作のように、重要な機械の完璧なバランスを保ち、人間や肉食動物を含む温かい動物である動物の創造物 種族、クジラ、封印、海洋生物、およびc。赤道または極下の温度の平衡を維持する。 チアボラのピーク、ザハラの燃える砂の上、または北極海の深みに沈んだ。

ザハラの燃える砂の上、または北極海の深みに沈んだ。
ザハラの燃える砂の上、北極海の深みに沈んだ。
↑googleが俺好みの詩的になった。

気になった英単語

  • opposing(反対)
  • principles(原則)
  • distinguished(著名な)
  • feathered(羽毛)
  • tribes(部族)
  • equator(赤道)
  • plunged(沈んだ)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

DMM.com

坂の途中

お前がサメなら俺はフォーク

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その24

    前回はわからんことがつづきましたね。今回は新しい段落です。The Food whic…

  2. 家畜の歴史について その13

    13回目。1800年代のアメリカの家畜について。前回。GENERAL FORM …

  3. 家畜の歴史について その21

    牛の呼吸ヤバいってよく聞くよねっていう前回でしたな。今回も呼吸の続きです。Bes…

  4. 家畜の歴史について その48

    前回は「;」←この記号が入ると翻訳が崩れるでしたね。今回チャプター1のラストです。…

  5. 家畜の歴史について その30

    前回はくま(哺乳類)の冬眠についてでしたね。今回は鳥類や両生類や虫についてっぽいです…

  6. 家畜の歴史について その54

    前回は功労者。でしたね。今回からは新しい段落です。Native Cattle…

  7. 家畜の歴史について その26

    前回は「肥育」って言葉を知りましたね。英語の勉強だったはずが、合ってるかわからないま…

  8. 家畜の歴史について その1

    ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP