家畜の歴史について その69

前回はぽーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!でしたね。

今回も前回の続きです。

The first authentic importations we have recorded, are those of Mr. Heaton, into Westchester, N. Y., in 1791 and ’96, from the valuable herds of Messrs.

-私たちが記録した最初の本物の輸入品は、1791年と96年にイギリスのウエストチェスターにあるHeaton氏の貴重なものです。

あと8回!

 

Culley and Colling, which consisted of several choice bulls and cows. These were for many years bred pure, and their progeny was widely scattered. (American Herd Book.)

-CulleyとCollingは、いくつかの選択肢のある雄牛と牛で構成されていました。これらは長年にわたって純粋に繁殖しており、その子孫は広く散在していました。(American Herd Book。)

あと8回!!!!!!

 

They were also imparted into New York, by Mr. Cox, in 1816; by Mr. Bullock, in 1822; by the late Hon. S. Van Rensselaer in 1823; and im mediately after, by Mr. Charles Henry Hall, of Harlem. Some small importations were made into Massachusetts between 1817 and ’25, by several enterprising agriculturists, Messrs.

-彼らはまた、1816年にコックス氏によってニューヨークに与えられました。 1822年にはBullock氏によって、 後半のHonによって。 S.ヴァン・レンセラー、1823年。 Harlemのチャールズ・ヘンリー・ホール(Charles Henry Hall)氏が仲良くした。 いくつかの小さな輸入は、1817年から25年の間にマサチューセッツ州にいくつかの進歩的農業経営者によってなされた。

あと8回!!!!!!!!!!!!!!!!

 

Coolidge, Williams, and others; into Connecticut by Mr. Hall and others; into Pennsylvania by Mr. Powell; and into Ohio and some other states, by various individuals early in the present century.

-クーリッジ、ウィリアムズ、その他; Hall and othersによってコネチカットへパウエル氏によってペンシルベニア州に入る。オハイオ州や他のいくつかの州に、今世紀初めに様々な人々によって導入されました。

あと8回!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

 

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

あの人も俺も

人と違うことをする人が

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その36

    前回はインテリジェントな農業者が現れましたね。今回もいろんな食料についてです。T…

  2. 家畜の歴史について その74

    今度は自分で買ったボードゲーム英語版のルールの翻訳とかいいかな~。今日はここまで!…

  3. 家畜の歴史について その56

    前回はイギリス南部の牛の一部に感動しましたね。今回も各国(自国)の牛についての続きで…

  4. 家畜の歴史について その76

    この内容はここまで!ありがとうございました!ここでは英語のできない自分が英…

  5. 家畜の歴史について その51

    前回は本質的な目鼻だちや特徴は「時の経過」では変わらないのかもしれないでしたね。今回…

  6. 家畜の歴史について その49

    前回はその価値は何倍にも上がる?でしたね。今回チャプター2に入りました。NEAT…

  7. 家畜の歴史について その58

    前回はエアとは、スコットランド南西部のサウス・エアシャーにある都市でしたね。実は今回…

  8. 家畜の歴史について その63

    前回はデボン牛~~~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。The last …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP