お前がサメなら俺はフォーク

お前がサメなら俺はフォーク
アリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォーク

お前は優雅に俺を飲み込んだ
お前の胃液で俺の錆がみるみるとれる

イギリス辺りの金持ちが
朝だけ使った昔の俺に戻ったみたい

そいつのお礼と言っちゃあアレだけど
お前の心を突き刺すつもりで漂った
なのにお前の心が見当たらない

お前の中にいる俺に早く気付けよ
お前の胃液で俺の体がみるみる溶ける
お前の中で俺の形が変わる

お前の心を見つけた頃には
小さなリングになってた

日テレドラマ

家畜の歴史について その22

都合のいい記憶

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 楚々と笑った

    楚々と笑ったさよなら降りそそぐ  窓の外で二人だけ わかりあえる雨が大人にするよ…

  2. 普段は良質なガスがあって

    普段は良質なガスがあってそれを幸せと呼び心はそれでいつも膨らんでいるのだけど循環が良くな…

  3. 坂の途中

    坂の途中 小さな公園 石のイス2つ煙草の灰をいくつも落としホットで買ったカフェラテもしだいに冷…

  4. ひまわりの歌声

    路肩に転がる 石ころは空のやつらに 毒づいてばかにしてんじゃねぇよと叫んでみても ああせみ…

  5. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  6. 鳥に例えたなら

    鳥に例えたなら 俺たちは風に乗ってそれでもこの先にかごの格子があるんじゃないかって不安に…

  7. フリーフリーフリー

    フリーフリーフリーあれこれフリー アルコールフリーフリーフリーフリー知ったかブリー 知ら…

  8. もっとずっと

    もっとずっとこのままで もう少しちょっとまっての言葉すら波に消されていく君の前で…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP