お前がサメなら俺はフォーク

お前がサメなら俺はフォーク
アリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォーク

お前は優雅に俺を飲み込んだ
お前の胃液で俺の錆がみるみるとれる

イギリス辺りの金持ちが
朝だけ使った昔の俺に戻ったみたい

そいつのお礼と言っちゃあアレだけど
お前の心を突き刺すつもりで漂った
なのにお前の心が見当たらない

お前の中にいる俺に早く気付けよ
お前の胃液で俺の体がみるみる溶ける
お前の中で俺の形が変わる

お前の心を見つけた頃には
小さなリングになってた

日テレドラマ

家畜の歴史について その22

都合のいい記憶

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 小さなキジトラ

    小さなキジトラ 落ちてた弁当漁り今夜も一日しのいでた母と別れて泣くことすら知らずに夜…

  2. あの人以外の人は

    あの人以外の人とは考えられないけれどあの人のことを考え続けるためにはあの人以…

  3. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  4. 星屑プレゼント

    星屑プレゼントつなげた星屑プレゼント プレゼント夜でもあなたの素顔が優しく光るよ…

  5. 君がハートを優しくつねる

    君が僕のハートを優しくつねる隣にいたなら肘でつついてやるのに手の届かない席僕をこ…

  6. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  7. 楚々と笑った

    楚々と笑ったさよなら降りそそぐ  窓の外で二人だけ わかりあえる雨が大人にするよ…

  8. 都合のいい記憶

    都合のいい記憶ばっか連鎖した体よく悩めるようにさよならしてた歯車止めたくなくて ぎしぎし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP