坂の途中

坂の途中 小さな公園 石のイス2つ
煙草の灰をいくつも落とし
ホットで買ったカフェラテも
しだいに冷めていった

五月雨明けの楽な空気にさらされて
言葉はいくつも生まれ 互いの耳を満たした

時間はどこまでも頑丈で
とうとうは二人は散らかしたゴミを集めて
発つことにした 終電が背中を駆け抜けた

抱きしめた 部屋に誘った
手を握ろうとしたのに
その白い肌 その白い声が拒んだ
わかってる いや 全然わからない

風が向かい合った顔と顔の間を
するどく刺して 消えた
寒そうにしてる姿をみながら
この手がこの胸が ふつふつ煮えて寒気がした
行くな春

まだ言い足りない もっと知りたい
いつかのどれもこれも抜きにして 糧にして
どうかそばにいて

繰り返し繰り返し思いながら
こんな夜中にも走るタクシーを憎んだ

SAY ON A ラララ
夏が来る

DMM.com

家畜の歴史について その21

家畜の歴史について その22

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 誰もがあちこちに

    誰もがあちこちに寂しさを捨てていく落ちた寂しさが寂しい寂しいと寂しがって泣いていた…

  2. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

  3. ある日の夜

    ある日の夜 酒の入った帰り道土曜の吉祥寺は人だかり光があちこちで弾けてる その中であ…

  4. その羽いいね

    その羽いいね あまりに薄くて見えないくらい照れながら彼女は白鍵の上にふわりと降りた舞っては鳴…

  5. プリンみたいな

    プリンみたいな永遠を夢見てたスプーンを取って二人つついて二人は甘い…

  6. 土曜の夢

    土曜の夢 日曜日の雨夜の16 朝日を浴びて並木で抜けてたら若者のたわむれ自分を嫌った…

  7. 切ないから

    切ないから切れないから繋がる…

  8. 悲しみを優しく抱え

    悲しみを優しく抱え右に左に大きくゆっくり揺れる悲しい時にね 欲そのものを捨てなさいあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP