家畜の歴史について その17

前回はまさかのダイエット法が解明されていました。
それでは17回目を読み進めていきましょう。

RESPIRATION IN ANIMALS.
-動物の呼吸。

呼吸

気になった英単語

  • RESPIRATION(呼吸)

From careful experiments, it has been found that all animals daily consume a much larger quantity of food than the aggregate of what may have been retained in the system, added to what has been expelled in the fœces and urine, and what has escaped by perspiration. Boussingault, who combines the characteristics of an ingenious chemist, a vigilant observer, and a practical agriculturist, made an experiment with a “milch-cow and a full-grown horse, which were placed in stalls so contrived that the droppings and the urine could be collected without loss.

-慎重な実験から、すべての動物は毎日、体内に残っているかもしれないものの量よりもずっと多量の食物を消費することが判明し、尿と尿で追放されたものに加えて、汗で逃れました。 独創的な化学者、警戒的なオブザーバー、農業経営者の特徴を兼ね備えたBousingaultは、糞と糞尿ができるように工夫した屋台に置かれた「牛と馬」を実験した 損失なく収集することができます。

体から排出されたもの収集し、出るより入るほうが多いと。
ブサンゴーさんは言ったわけだ。
ブサンゴーさんはフランスの化学者で農学の創始者のひとりだそうです。
上の人物と合っていればですが。

気になった英単語

  • quantity(量)
  • aggregate(集計)
  • Boussingault(人名苗字 ブサンゴー)
  • agriculturist(農業主義者)

Before being made the subjects of experiment, the animals were ballasted or fed for a month with the same ration that was furnished to them, during the three days and three nights which they passed in the experimental stalls.

-実験の対象となる前に、実験動物飼育場で3日間と3泊を過ごした時に、動物にバラストを与えたり、動物に与えたのと同じ割合で1ヶ月間飼育したりした。

バラストとは(心の)安定; 堅実味.とも読めるらしいので
3日間一緒に居て安心感を与えていた、みたいなことかな。
安心するのか?

気になった英単語

  • experiment(実験)
  • ballasted(バラスト)
  • furnished(家具付き)
  • stalls(屋台)

During the month, the weight of the animals did not vary sensibly, a circumstance which happily enables us to assume that neither did the weight vary during the seventy-two hours when they were under especial observation.

-その月の間、動物の体重は賢明に変化しなかった。それは、特に観察された72時間の間に体重が変化しなかったと喜んで仮定することができる状況である。

呼吸ってどこ行っちゃったんだろ。
体全体の流れ、みたいなことかな。

気になった英単語

  • During(中)
  • sensibly(賢明に)
  • circumstance(状況)
  • assume(想定する)
  • observation(観察)

今日はここまで!
ありがとうございました!


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

DMM.com

このエスカレーターで昇った先は

7つの色を持った

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その72

    googleの翻訳機能って改めてすごいですね。weblioは単語について詳しかったです。…

  2. 家畜の歴史について その44

    前回は蒸し蒸しによる改善でしたね。今回は動物の食物の変化の続きのラストです。Th…

  3. 家畜の歴史について その56

    前回はイギリス南部の牛の一部に感動しましたね。今回も各国(自国)の牛についての続きで…

  4. 家畜の歴史について その26

    前回は「肥育」って言葉を知りましたね。英語の勉強だったはずが、合ってるかわからないま…

  5. 家畜の歴史について その52

    前回はいろ~~~んな国産についてでしたね。今回いろ~~~んな国産についての続きです。…

  6. 家畜の歴史について その47

    前回はそのとおりだ!!したね。今回も摂食の利益の続きっす。Frequent ob…

  7. 家畜の歴史について その75

    あと1回となりましたが、特に書くこともないですけども。来年からなにしようかな~。今…

  8. 家畜の歴史について その33

    前回は創作料理やとか暖かくて暗いところ多い話でしたね。今回はまた新しい段落に入りまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP