7つの色を持った

7つの色を持った 夕焼け空の下

あなたと俺は肩をくっつけベンチに座った

少し赤らんだその顔は

俺に理想を教えてくれた

あなたを抱きしめようとしたら

あなたは光の粒になって散って昇った

虚しいこの時間を現実と言うのなら

あのとき二人の上にあった空 暖かい風

そしてあなたの存在も

確かに現実だったんだ

日テレドラマ

家畜の歴史について その17

家畜の歴史について その18

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 朝6時はまだ肌寒く

    朝6時はまだ肌寒く今日を想うにはまだ早く春も終わり 夏が始まる少し前環七沿いを歩いて…

  2. そそ草が

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていたそその様な形の そそ草…

  3. フェイスブックは突然に

    フェイスブックは突然に何から伝えればいいのか わからないままログインしたけど浮かんでは消…

  4. 「ごめん、待った?」

    「ごめん、待った?」で始まると思っていたら俺が待たせていた 場所を間違えた雑誌で見つけた…

  5. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  6. レモングラスにカモミール

    レモングラスにカモミール日曜日の夜が好き彼女は言った書棚の中からお気に入り本…

  7. Club Bの裏

    Club Bの裏 雑種(ノラ)がゴミを漁る別に期待してるわけじゃねえそうさ 期待なんて昔…

  8. 私はあなたに好きと言って欲しかった

    私はあなたに好きと言って欲しかっただけどあなたは私の作品を見てすごいと言うばかりで最後まで好き…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP