7つの色を持った

7つの色を持った 夕焼け空の下

あなたと俺は肩をくっつけベンチに座った

少し赤らんだその顔は

俺に理想を教えてくれた

あなたを抱きしめようとしたら

あなたは光の粒になって散って昇った

虚しいこの時間を現実と言うのなら

あのとき二人の上にあった空 暖かい風

そしてあなたの存在も

確かに現実だったんだ

日テレドラマ

家畜の歴史について その17

家畜の歴史について その18

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 何もないな

    何もないな 誰もいないな何かあるな 誰かいるなAh Ah Ah何か取られた 誰か取られた…

  2. Club Bのママ

    Club Bのママ セーラム越しに呟く便所みたいな日々があってさあたしに笑いかけるやつは…

  3. 似ていた

    似ていた似ていたから似ていただけだ似ていたな髪型? 体型?身…

  4. 君からの電話

    君からの電話一回鳴ったちょっとは好きだった?ちょっとは嫌いだった?ちょっとは結婚…

  5. レモングラスにカモミール

    レモングラスにカモミール日曜日の夜が好き彼女は言った書棚の中からお気に入り本…

  6. 雨が降り出したら

    雨が降り出したら考えて最初の10粒に天使がだから傘をさすのは少しあとそして最後の…

  7. ちょっともっと

    ちょっとがもっとになり ずっとに変わるそのずっとの中にほっとを探し出せたらきっと良い関係…

  8. このエスカレーターで昇った先は

    このエスカレーターで昇った先は自販機でジュースを買って振り返った先は自動ドアが開いた先は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP