家畜の歴史について その61

前回はデボン牛食べてみたいでしたね。

今回もデボン牛食べてみたいです。

The cows invariably yield milk of great richness, and when appropriately bred, none surpass them for the quantity of butter and cheese it yields. Mr. Bloomfield, the manager of the late Lord Leicester’s estate at Holkham, has, by careful attention, somewhat increased the size, without impairing the beauty of their form, and so successful has he been in developing their milking properties, that his average product of butter from each cow, is 4 lbs.

-牛はいつも豊かな牛乳を産み、適切に飼育されると、産むバターやチーズの量を上回るものはありません。 ホルムハム時代のレスター・レスターの不動産管理責任者、ブルームフィールド氏は、慎重な注意を払って、その形状の美しさを損なうことなくサイズをいくらか増やし、搾乳性の開発に成功し、平均的な製品 各牛からのバターは、4ポンドです。

へ~~~。

気になった英単語

  • invariably(変わることなく、常に、いつも)
  • richness(富裕、豊富、潤沢、豊饒(ほうじよう)、肥沃(ひよく)、豪華、華美、濃厚、滋味、(色の)濃さ)
  • appropriately(適切に、ふさわしく、適切なことに(は))
  • surpass(上回る、越える、(…に)まさる、(…を)しのぐ)
  • estate((通例一人が所有し邸宅のある広大な)地所、(一定の規格で建てた)団地、財産、(社会上の)階級)
  • somewhat(やや、いくぶん、多少)
  • increased(increaseの過去形、または過去分詞。(数量・程度などが)ふえる、 増加する、 増大する)
  • impairing(impairの現在分詞。減じる、 害する、 そこなう、 傷つける)
  • developing(発展中の、開発途上にある)
  • properties(propertyの複数形。財産、 資産)
  • average(平均、平均値、(一般)標準、並(なみ))

 

per week for the whole year. He has challenged England to milk an equal number of cows of any breed, against 40 pure Devons, to be selected out of his own herd, without as yet having found a competitor.

-1年を通して週に1回。彼はイングランドに、競争相手をまだ見つけていないまま、40匹の純粋なデボンに対して、同種の牛を自分の牛から選別するよう異議を唱えた。

ほ~~~。

気になった英単語

  • per week(1週間単位)
  • against(…に反対して、反抗して、…に逆らって、…にそむいて、…に反して、…に不利に、…にぶつかって、…によりかかって、…にもたれて、…に立てかけて)
  • competitor(競争者)

 

Although this is not a test of their merits, and by no means decides their superiority, yet it shows the great confidence reposed in them by their owner. The Devon ox, under six years old, has come up to a nett dead weight of 1,593 lbs.; and at three years and seven months, to 1,316 lbs., with 160 lbs. of rough tallow.

-これは彼らの長所をテストするものではなく、決して彼らの優位性を決めるものではありませんが、所有者が彼らに与えた大きな自信を示しています。 6歳未満のデボン牛は、1,593ポンドの正味死体重量に達しています。 3年7ヶ月で160ポンドで1,316ポンドになりました。 粗い獣脂の

は~~~~。

気になった英単語

  • Although(…であるが、…だけれども、とはいえ、しかし、だが)
  • merits(meritの三人称単数現在。meritの複数形。(称賛に値する)価値)
  • decides(decideの三人称単数現在。決心する)
  • superiority(優越、卓越、優勢)
  • confidence(信用(すること)、信任、信頼、信用、(議員投票による)信任、自信、大胆さ、あつかましさ、ずうずうしさ、確信)
  • reposed(休息、睡眠、休養、静養、reposeの過去形、または過去分詞)
  • tallow(獣脂)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

DMM.com

ついつい忘れがちだが

過去に描いたキャライラストです。 同テイストのイラストをお求めの方はホームページの ご依頼ボタンからご依頼くださいませ。

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その55

    前回は自分の国って言葉が好きってことでしたね。今回も各国(自国)の牛についての続きで…

  2. 家畜の歴史について その37

    前回は成長するといろんな種類を混ぜ合わせましたね。今回も家畜のための食料についての続…

  3. 家畜の歴史について その8

    8回目。めざせ10回!2d. These qualities, technicall…

  4. 家畜の歴史について その57

    前回ははたらく人には大きなメリットですよ~~~~でしたね。今回こそ各国(自国)の牛に…

  5. 家畜の歴史について その26

    前回は「肥育」って言葉を知りましたね。英語の勉強だったはずが、合ってるかわからないま…

  6. 家畜の歴史について その53

    前回はイギリスからたくさん輸入しましたね。今回も各国の牛事情です。A few c…

  7. 家畜の歴史について その28

    前回は子供に癒やされた~、でしたね。今回も呼吸を強くするため、の続きです。The…

  8. 家畜の歴史について その21

    牛の呼吸ヤバいってよく聞くよねっていう前回でしたな。今回も呼吸の続きです。Bes…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP