家畜の歴史について その6

6回目になりました。
いろんな動物がいます。
前回は飼育している人たちに利益がもっと出るには
どうすればいいか考えたいところですが…。

それでは続きです。

The kind of work for which the horse may be wanted, whether as a roadster, for the saddle, as a heavy team horse, or the horse of all work, must be first decided, before selecting the form or character of the animal.

-ロードスター、サドル、重いチームの馬、またはすべての仕事の馬のような、馬が望むかもしれない仕事の種類は、動物の形態や性格を選択する前に、まず決定されなければなりません。

馬です。
いろいろあるけどさ、馬のためになるような仕事を考えましょうや。

あとロードスターって車だよね。なんで??
と思ったら馬車馬って意味もあるんだね。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/roadster/

サドルもあの自転車のサドル??
って思ってたら馬車馬などの鞍という意味もあるんですね。
https://dictionary.goo.ne.jp/word/en/saddle/#ej-73183

気になった英単語

  • roadster(馬車馬/2.3人乗りのオープンカー)
  • saddle(サドル)
  • decided(決定しました)

 

The range of pig excellence is more circumscribed, as it is only necessary to breed such as will yield the greatest amount of valuable carcass, within the shortest time, and with the least expense.

-ブタの卓越性の範囲は、最短時間内に、最も費用のかかった枝肉を最大に生産するように繁殖させる必要があるだけであり、費用は最小限であるため、より限定されている。

豚もいますよね。
豚肉美味しいもんね。
ただ費用も時間を抑えて最大の利益をだしましょうや。

枝肉??carcassのところかな?
(畜殺獣の臓物などを除いた)胴体や
(一般に)命や力をなくしたもの,残骸,形骸に
なるようです。

気になった英単語

  • range(範囲)
  • excellence(優秀)
  • circumscribed(周りに境界線を描く、 周囲を囲む)
  • yield(生む)
  • amount(量)
  • valuable(貴重な)
  • carcass((畜殺獣の臓物などを除いた)胴体)
  • expense(費用) 

今日はここまで!
ありがとうございました!


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

DMM.com

あきらめた分だけ

背中ストーリー / 背中に見る物語 同テイストの撮影をお求めの方はDMもしくはホームページからご依頼くださいませ

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その5

    5回目ですね。前回、アメリカではどんどん良い育て方をしはじめました!といっても184…

  2. 家畜の歴史について その53

    前回はイギリスからたくさん輸入しましたね。今回も各国の牛事情です。A few c…

  3. 家畜の歴史について その43

    前回はありがとう、ペローでしたね。今回も動物の食物の変化の続きです。The im…

  4. 家畜の歴史について その35

    前回は意図されたふくらはぎの話でしたね。今回は新しい段落に入りました。Purpo…

  5. 家畜の歴史について その60

    前回はギャロウェ~~~でしたね。今回は新しい段落に入りました。The Dev…

  6. 家畜の歴史について その65

    前回はどこで食べられるんだろうでしたね。今回から新しい段落です。The Sh…

  7. 家畜の歴史について その61

    前回はデボン牛食べてみたいでしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。The co…

  8. 家畜の歴史について その16

    16回目です。自分でやっておいてアメリカの1800年代の家畜の肺について読んでみると…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP