家畜の歴史について その32

前回は時の終わりについてでしたね。

今回は呼吸についてのラストです。

Mr. Childers states, that 80 Leicester sheep in the open field, consumed 50 baskets of cut turnips per day, besides oil-cake. On putting them in a shed, they were immediately able to consume only 30 baskets, and soon after but 25, being only half the quantity required before, and yet they fattened as rapidly as when eating the largest quantity.

-チーターズ氏は、オープンフィールドの80頭のレスター羊は、オイルケーキのほかに、1日にカットされたカブの50のバスケットを消費したと述べている。 それを小屋に置くとすぐに、30個のバスケットをすぐに消費することができましたが、直前に必要な量の半分にすぎず、すぐにでも25分後には、最大の量を食べたときほど急速に肥えました。

open field、良いですねー。
気持ちよさそうな景色を思い浮かべますね。
oil-cake、良いねですねー。
すごい太りそうですね。

気持ち良い景色だと食欲もすすむー、ってか

気になった英単語

  • Leicester(レスター)
  • immediately(すぐに)
  • required(必須)
  • fattened(肥えた)
  • rapidly(急速に)
  • quantity(量)

 

The minimum of food, then, required for the support of animals, is attained when closely confined in a warm, dark shelter; and the maximum, when running at large, exposed to all weathers.

-動物の支援のために必要とされる最小限の食糧は、暖かく暗い避難所に閉じ込められたときに達成される。 大規模で走っているときには、すべての天気にさらされている最大値です。

外だとついついだべちゃう、みたいな。
暖かく暗いところでもついつい食べちゃうけどな。
創作料理やとか暖かくて暗いところ多いよね。
なんか関係あるのかな。

気になった英単語

  • attained(到達した)
  • confined(閉じ込められた)
  • exposed(露出した)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

大人になれなかった残党が

キミはキャッシュ

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その9

    みなさん大好き家畜について、今日もご紹介します。前回は家畜の繁殖原則その3まで紹介し…

  2. 家畜の歴史について その47

    前回はそのとおりだ!!したね。今回も摂食の利益の続きっす。Frequent ob…

  3. 家畜の歴史について その62

    前回はへ~ほ~は~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。Descriptio…

  4. 家畜の歴史について その35

    前回は意図されたふくらはぎの話でしたね。今回は新しい段落に入りました。Purpo…

  5. 家畜の歴史について その13

    13回目。1800年代のアメリカの家畜について。前回。GENERAL FORM …

  6. 家畜の歴史について その38

    前回はインドのトウモロコシを食べれば太るということでしたね。今回も家畜のための食料に…

  7. 家畜の歴史について その6

    6回目になりました。いろんな動物がいます。前回は飼育している人たちに利益がもっと出る…

  8. 家畜の歴史について その69

    前回はぽーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!でしたね。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP