家畜の歴史について その62

前回はへ~ほ~は~でしたね。

今回もデボン牛食べてみたいです。

Description. The Devon is of medium size, and so symmetrical, as to appear small. The color is invariably a deep mahogany red, with usually a white udder and strip under the belly; and the tuft at the end of the tail is red while they are calves, but white in the older animal.

-説明。 デボンは中程度のサイズで、対称的で、小さく見えます。 この色は常にマホガニーの深い赤色で、通常は白い乳房と下腹部がの腹の下にあります。 尾の端にある房は、子牛では赤く、老いた動物では白い。

デボン牛~。

気になった英単語

  • Description(記述、叙述、描写、(物品・計画などの)説明書、解説(書)、人相書き、種類、タイプ)
  • symmetrical((左右)対称的な、釣り合った、均整の取れた)
  • appear(姿を見せる、出現する、現われる、(会などに)出席する、(…に)出演する、出頭する、出廷する、世に出る、出る、出ている)
  • invariably(変わることなく、常に、いつも)
  • mahogany(マホガニー、マホガニー材、マホガニー色)
  • udder((ウシ・ヤギなどの袋状に垂れた)乳房)
  • belly((人間・動物・魚の)腹、腹部、胃、ふくらんだ部分、胴、食欲)
  • tuft(房(ふさ)、やぶ、木立、茂み)
  • calves(calfの複数形、子牛、子牛の皮、(カバ・サイ・クジラ・シカ・ゾウ・アザラシなどの)幼獣、愚かな若者、不器用な子)

 

The head is small, broad in the forehead, and somewhat indented. The muzzle is delicate, and both the nose and the rings around the eye, in the pure breed, are invariably of a bright, clear orange.

-頭部は小さく、額が広く、ややくぼんでいる。銃口は繊細で、純粋な品種の目の周りの鼻とリングは、常に明るく透明なオレンジ色です。

デボン牛~~。

気になった英単語

  • forehead(額(ひたい)、前額部、(ものの)前部)
  • indented(indentの過去形、または過去分詞。(…に)ぎざぎざをつける、 (…を)のこぎりの歯のようにする)
  • delicate(優美な、繊細な、上品な、優雅な、妙(たえ)なる、柔らかい、ほのかな、上品で微妙な、おいしい、美味な)
  • invariably(変わることなく、常に、いつも)

 

The cheeks and face are thin and fleshless; the horns clear, smooth, and of a yellowish white, handsomely curved upward. The neck is small and delicate at its junction with the head, but is well expanded in its attachment to the breast and shoulders.

-頬と顔は薄くて無骨です。 角は透明で、滑らかで、黄色がかった白色で、よく上向きに湾曲している。 首は、頭との接合部で小さくて繊細ですが、乳房と肩に装着すると十分に拡張されます。

デボン牛~~~。

気になった英単語

  • fleshless(肉付きのわるい、肉のない)
  • yellowish(黄色がかった、やや黄色の)
  • handsomely(手厚く)
  • curved(曲がった、湾曲した、曲線状の)
  • upward(上へ向かう、上向きの、上昇の)
  • expanded(expandの過去形、または過去分詞。広げる)
  • attachment(取り付け、付着、付属物、愛着、愛情、差し押さえ、差し押さえ令状)
  • shoulders(shoulderの三人称単数現在。shoulderの複数形。肩)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

DMM.com

過去に描いたキャライラストです。 同テイストのイラストをお求めの方はホームページの ご依頼ボタンからご依頼くださいませ。

批判されやすい人の特徴として

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その8

    8回目。めざせ10回!2d. These qualities, technicall…

  2. 家畜の歴史について その63

    前回はデボン牛~~~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。The last …

  3. 家畜の歴史について その54

    前回は功労者。でしたね。今回からは新しい段落です。Native Cattle…

  4. 家畜の歴史について その29

    前回は呼吸で燃え尽きましたね。今回も呼吸と脂肪についてです。The bear r…

  5. 家畜の歴史について その60

    前回はギャロウェ~~~でしたね。今回は新しい段落に入りました。The Dev…

  6. 家畜の歴史について その52

    前回はいろ~~~んな国産についてでしたね。今回いろ~~~んな国産についての続きです。…

  7. 家畜の歴史について その26

    前回は「肥育」って言葉を知りましたね。英語の勉強だったはずが、合ってるかわからないま…

  8. 家畜の歴史について その48

    前回は「;」←この記号が入ると翻訳が崩れるでしたね。今回チャプター1のラストです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP