家畜の歴史について その31

冬眠や岩石に固められた話でしたね。

今週は食べ物と呼吸について最終段落です。

Dr. Playfair states, that in an experiment made by Lord Ducie, 100 sheep were placed in a shed, and ate 20 pounds of Swedes turnips each per day; another 100 were placed in the open air, and ate 25 pounds per day; yet the former, which had one-fifth less food, weighed, after a few weeks, three pounds more per head than the latter.

-ドゥシエ博士の実験では、100匹の羊が鉢に入れられ、1日に20ポンドのスウェーデン人の耳たぶを食べました。 別の100人が屋外に置かれ、1日あたり25ポンドを食べた。 まだ1/5以下の食物を持っていた前者は、数週間後、後者より1頭あたり3ポンド多く重された。

スウェーデン人の耳たぶを食べた。
狂気の沙汰!
実験とはいえひどい!

スウェーデンのカブと言いたかったようです。
ちなみにスウェーデンのカブは「ルタバガ」という名前だそうです。
日本には明治時代に北海道に導入されましたが、
当時の日本人の口には合わなかったのか食用には普及せず、
主に牛などの飼料用とされていたようです。
https://foodslink.jp/syokuzaihyakka/syun/vegitable/rutabaga.htm

気になった英単語

  • experiment(実験)
  • turnips(カブ)

 

He then fed five sheep in the open air, between the 21st November and 1st December. They consumed 90 pounds of food per day, the temperature being at 44°, and at the end of this time, they weighed two pounds less than when first exposed.

-彼は11月21日から12月1日の間に野外で5頭のヒツジを与えた。 彼らは1日に90ポンドの食物を消費した。温度は44度で、この時間の終わりには、最初に暴露されたときよりも2ポンド軽くなった。

暖かいところから寒いところに出されると
その分体を燃焼させなきゃいけないから
痩せてしまうようですね。
温度は44度?
これはアメリカやヨーロッパで言うところの華氏のようで
日本の摂氏でいうと6度くらいのようです。
googleで「摂氏(スペース)華氏」と入れると
計算することができます。さすがです。

英語以外の勉強をしていますね。

気になった英単語

  • between(の間に)
  • consumed(消費された)
  • temperature(温度)
  • exposed(露出した)

 

Five sheep were then placed under a shed, and allowed to run about in a temperature of 49°. At first they consumed 82 pounds per day; then 70 pounds, and at the end of the time they had gained 23 pounds.

-5頭のヒツジを小屋の下に置き、約49℃の温度で泳動させた。 最初、彼らは1日に82ポンドを消費した。 それから70ポンド、そして彼らが23ポンドを得た時の終わりに。

時の終わりに。
暖かくなると痩せにくくなる、と。

気になった英単語

  • gained(得られた)

 

Again, five sheep were placed under a shed as before, and not allowed to take any exercise. They ate at first, 64 pounds of food per day, then 58 pounds, and increased in weight 30 pounds. Lastly, five sheep were kept quiet and covered, and in the dark. They ate 35 pounds per day, and increased eight pounds.

-再び、5頭のヒツジが前と同じように鉢の下に置かれ、運動をすることは許されませんでした。 彼らは最初、1日あたり64ポンドの食物を食べ、次に58ポンドを食べ、体重を30ポンド増加させた。 最後に、5頭の羊が静かに覆われ、暗闇の中で飼われました。 彼らは1日あたり35ポンドを食べ、8ポンド増加した。

さらに運動しないともっと痩せない、と。

気になった英単語

  • allowed(許可された)
  • exercise(運動)
  • increased(増加した)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

大好きな歌手がまた

大人になれなかった残党が

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その73

    英語は習っておいて損はないですよね。単語にはいろいろな発見がありました。あ、これは…

  2. 家畜の歴史について その72

    googleの翻訳機能って改めてすごいですね。weblioは単語について詳しかったです。…

  3. 家畜の歴史について その27

    前回は大きな昏睡が成功しましたね。先週はしれっと休みましたが誰も見ていないので良…

  4. 家畜の歴史について その69

    前回はぽーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!でしたね。…

  5. 家畜の歴史について その25

    前回は呼吸でなくなるものを食べようよ。でしたよね。今回はどうなんでしょうかね。…

  6. 家畜の歴史について その22

    前回は「呼吸は大気なり」というという名言が生まれました。今回は新しい段落「汗」のよう…

  7. 家畜の歴史について その58

    前回はエアとは、スコットランド南西部のサウス・エアシャーにある都市でしたね。実は今回…

  8. 家畜の歴史について その2

    CHAPTER I.INTRODUCTORY REMARKS—GENERAL PRINC…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP