家畜の歴史について その13

13回目。
1800年代のアメリカの家畜について。
前回

GENERAL FORM AND CHARACTERISTICS.
Within certain limits, these may be reduced to a common standard. All animals should have a good head, well set up; a clean fine muzzle, and a blight, clear and full, yet perfectly placid eye.

-一般的な形式と特性
一定の限度内で、これらは共通の基準に縮小される可能性がある。 すべての動物は良い頭を持っていなければなりません。 きれいな細かい銃口、そしてぼろぼろで、はっきりしていて、完全でありながらも完全に穏やかな目。

段落が変わりました。
一般的な(家畜の)特徴について
見た目の良いのが良い。

気になった英単語

  • CHARACTERISTICS(特徴)
  • Within(以内)
  • certain(一定)
  • reduced(削減)
  • muzzle(銃口)

 

With the exception of the dog and cat, whose original nature is ferocity, and whose whole life, unless diverted from their natural instincts, is plunder and prey; and the jockey racehorse, which is required to take the purse, at any hazard of life or limb to the groom; a mild, quiet eye is indispensable to the profitable use of the domestic brute.

-犬と猫を除いて、本来の性質は凶悪であり、その本来の本能から逸らされない限り、その全人生は略奪と犠牲となる。 財布を取るために必要とされるジョッキー競走馬は、生命の危険や新郎への手足で、 国内家長の有益な利用には、軽度で静かな目が不可欠です。

本来は危険な生き物たち。
それが野生動物。
競走馬は口取りをして促して、優しい目をさせていることが必要。
国内で収益を得ている馬は特に。
「groom」とは財布とも読めるが「口取り」とも読め、
口取りとは馬の口をとって発馬機内に誘導したり、暴れそうな馬を抑さえていることらしい。

気になった英単語

  • exception(例外)
  • ferocity(獰猛)
  • diverted(迂回した)
  • instincts(本能)
  • racehorse(競走馬)
  • purse(財布)
  • indispensable(不可欠な)
  • brute(けだもの)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

今まである程度年上の意向に従って

そそ草

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その27

    前回は大きな昏睡が成功しましたね。先週はしれっと休みましたが誰も見ていないので良…

  2. 家畜の歴史について その2

    CHAPTER I.INTRODUCTORY REMARKS—GENERAL PRINC…

  3. 家畜の歴史について その56

    前回はイギリス南部の牛の一部に感動しましたね。今回も各国(自国)の牛についての続きで…

  4. 家畜の歴史について その30

    前回はくま(哺乳類)の冬眠についてでしたね。今回は鳥類や両生類や虫についてっぽいです…

  5. 家畜の歴史について その16

    16回目です。自分でやっておいてアメリカの1800年代の家畜の肺について読んでみると…

  6. 家畜の歴史について その72

    googleの翻訳機能って改めてすごいですね。weblioは単語について詳しかったです。…

  7. 家畜の歴史について その26

    前回は「肥育」って言葉を知りましたね。英語の勉強だったはずが、合ってるかわからないま…

  8. 家畜の歴史について その6

    6回目になりました。いろんな動物がいます。前回は飼育している人たちに利益がもっと出る…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP