家畜の歴史について その46

前回はリターンのほんの一部が探しましたね。

今回も摂食の利益の続きです。

Animals are only profitable to the farmer, when they yield a daily income, as in their milk or labor; or annually, by their young or fleece; unless it be in a course of regular improvement, either in their ordinary growth or preparation for the butcher.

-動物は、牛乳や労働の場合と同様に、毎日の収入を得るとき、農業従事者にとって有益です。 年に一度、彼らの若いまたはフリースによって。 通常の成長または肉屋の準備のいずれかで、それが定期的な改善の過程にない限り。

農家にとって、動物が牛乳や労働を毎日、生み出すときが唯一の儲けです。
年に一度は着るものや、美味しい肉など。
定期的に改善すれば、ですが。

気になった英単語

  • profitable(収益性の高い)
  • yield(生み出す)
  • income(所得)
  • annually(毎年)
  • unless(限り)
  • improvement(改善)
  • ordinary(普通の)
  • growth(成長)
  • preparation(準備)
  • butcher(肉屋)

The animal must consume a certain amount of food merely to keep up its stationary condition, and to supply the materials for waste, respiration, perspiration, and the evacuations.

-動物は、その定常状態を維持し、廃棄物、呼吸、汗、および避難用の材料を供給するだけである程度の量の食物を消費しなければならない。

そのとおりだ!!

気になった英単語

  • consume(消費する)
  • certain(ある)
  • amount(量)
  • merely(単に)
  • stationary(定常)
  • condition(調子)
  • supply(供給)
  • respiration(呼吸)
  • perspiration(汗)
  • evacuations(避難)

These must first be provided for in all cases, before the farmer can expect any thing for the food.

-農家が食物のために何かを期待できる前に、これらはすべての場合に最初に提供されなければならない。

動物から利益を受け等と思う前に、
動物には良い餌、良い環境が大切だ!!
それは人間も同じなのだ!!

気になった英単語

  • provided(提供された)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

なぜカウンセリング専門店

自分の承認欲求の高さって

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その52

    前回はいろ~~~んな国産についてでしたね。今回いろ~~~んな国産についての続きです。…

  2. 家畜の歴史について その67

    前回は単語の訳知るの面白いでしたね。今回は新しい段落です。A Short-Hor…

  3. 家畜の歴史について その66

    前回は今年いっぱいですかね、これでしたね。今回も新しい段落でダラムの牛についてです。…

  4. 家畜の歴史について その65

    前回はどこで食べられるんだろうでしたね。今回から新しい段落です。The Sh…

  5. 家畜の歴史について その68

    前回はもこもこもこもこもこ~~~~~~~~~~~~~~^^でしたね。今回も新しい段落…

  6. 家畜の歴史について その64

    前回はン~~~~~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいのラストです。The De…

  7. 家畜の歴史について その63

    前回はデボン牛~~~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。The last …

  8. 家畜の歴史について その58

    前回はエアとは、スコットランド南西部のサウス・エアシャーにある都市でしたね。実は今回…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP