家畜の歴史について その64

前回はン~~~~~でしたね。

今回もデボン牛食べてみたいのラストです。

The Devon is intelligent, gentle, and tractable; is good for milk, and unsurpassed for the yoke and for fattening. No animal is better suited to our scanty or luxuriant hill pastures than the Devon, and none make a better return for the attention and food received.

-デボンは知的で、優しく、扱いやすいです。 牛乳にはいいし、ヨークと肥育には卓越していません。 私たちの貧弱な牧草地や牧草地に適した動物はデボンよりもいいものはありません。

とにかく良い、と。

気になった英単語

  • intelligent(理解力のある、(高度な)知性のある、聡明(そうめい)な、ものわかりのよい、利口な、気のきいた、情報処理機能をもつ、スマートな、集中コンピューターで管理される、インテリジェントな)
  • tractable(すなおな、従順な、細工しやすい、扱いやすい)
  • unsurpassed(打ち勝つ者がない、上に出る者がない、卓絶した、無比の)
  • fattening(fattenの現在分詞。(畜殺のために)太らせる)
  • suited((…の)スーツを着た、(…に)適して、ふさわしくて、適して)
  • scanty((数・量・寸法など)乏しい、わずかな、不十分な、貧弱な)
  • luxuriant(繁茂した、豊かに生えた、豊富な、華麗な、華やかな)
  • pastures(pastureの三人称単数現在。pastureの複数形。牧草地)
  • attention(注意、注目、注意力、配慮、気配り、(人などの)世話、手当て、親切、ていねい、(特に若い婦人の歓心を買おうとするための)心づかい)
  • received(一般に受け入れられた、信じられている、容認された)

 

They ensure a rapid improvement when mixed with other cattle, imparting their color and characteristics in an eminent degree. Several importations have been made into this country within the last 30 years, of the choicest animals, and though not yet numerous in the United States, we possess some of the best specimens that exist.

-彼らは、他の牛と混合したときに急速な改善を確実にし、その色と特性を著しい程度で付与します。 この国には過去30年以内にいくつかの輸入がなされていますが、その中でも最も有望な動物が輸入されています。

どこで食べられるんだろうね?

気になった英単語

  • ensure(確実にする、保証する、確保する、(…を)保証する、守る、安全にする)
  • rapid(速い、急な、迅速な、(行動が)すばやい、敏速な、速撮りの)
  • imparting(分け与える、授ける、impartの現在分詞)
  • characteristics(characteristicの複数形。特質ある、 独特の、 特徴的な)
  • eminent(地位の高い、高名な、著名な、(…で)著名で、有名で、すぐれた、卓越した、著しい、抜きんでた)
  • degree(程度、度合い、(温度計・経度・緯度などの)度、学位、称号、級、親等、(犯罪の)等級)
  • Several(いくつかの、数名の、別々の、それぞれの、各自の、いろいろの)
  • within((時間・距離・範囲など)…以内で、…を越えずに、…の範囲内で、…の内に、…の中に)
  • choicest(choiceの最上級。(自由意志または自己の判断による)選択、 選ぶこと)
  • numerous(多数の、おびただしい、多数から成る、大勢の)
  • possess(所有する、持つ、所持する、携持する、取りつく、とらえる、取りついてさせる、抑える、保つ、自制する)
  • specimens(specimenの複数形。見本、 適例)
  • exist(存在する、現存する、(特殊な条件または場所に)ある、現われる、生存する、生きている、(…で)(やっと)生きていく)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

DMM.com

会話をしているんだろうか?

過去に描いたキャライラストです。 同テイストのイラストをお求めの方はホームページの ご依頼ボタンからご依頼くださいませ。

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その39

    前回はスウェーデン人のカブレは、肥育している牛や羊で始まりましたね。今回も家畜のため…

  2. 家畜の歴史について その21

    牛の呼吸ヤバいってよく聞くよねっていう前回でしたな。今回も呼吸の続きです。Bes…

  3. 家畜の歴史について その1

    ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、さ…

  4. 家畜の歴史について その25

    前回は呼吸でなくなるものを食べようよ。でしたよね。今回はどうなんでしょうかね。…

  5. 家畜の歴史について その32

    前回は時の終わりについてでしたね。今回は呼吸についてのラストです。Mr. Chi…

  6. 家畜の歴史について その53

    前回はイギリスからたくさん輸入しましたね。今回も各国の牛事情です。A few c…

  7. 家畜の歴史について その50

    前回は牛は本来の姿を忘れてま~~~~~すでしたね。今回チャプター2の続き、です。…

  8. 家畜の歴史について その52

    前回はいろ~~~んな国産についてでしたね。今回いろ~~~んな国産についての続きです。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP