家畜の歴史について その24

前回はわからんことがつづきましたね。
今回は新しい段落です。

The Food which supplies Respiration.

-呼吸を供給する食物。

なんのたべものだろうか。

気になった英単語

  • supplies(用品)
  • Respiration(呼吸)

This, in the herbivorous animals, after they are deprived of the milk, which furnishes it in abundance, is the starch, gum, sugar, vegetable fats, and oils that exist in the vegetables, grain, and roots which they consume; and in certain cases where there is a deficiency of other food, it is sparingly furnished in woody and cellular fibre.

-これは、草食動物では、豊富にそれを提供するミルクを奪われた後、彼らが消費する野菜、穀物、および根に存在するデンプン、ガム、砂糖、植物性脂肪、および油です。 他の食物の欠乏がある特定のケースでは、それは控えめに木質および細胞繊維で供給される。

動物にガムを食べさせよう。
樹液、とも読めるらしいので樹液かな~。

気になった英単語

  • herbivorous(草食)
  • deprived(奪われた)
  • furnishes(完成品)
  • abundance(豊富)
  • deficiency(欠乏)
  • sparingly(控えめに)

All these substances constitute the principal part of dry vegetable food, and are made up of three elements, which in starch, gum, cane-sugar, and cellular fibre, exist in precisely the same proportions, viz: 44 per cent. of carbon, 6.2 of hydrogen, and 40.8 of oxygen.

-これらすべての物質は、乾燥植物性食品の主要部分を構成し、デンプン、ガム、サトウキビ、および細胞繊維の3つの要素から構成され、正確に同じ比率、すなわち44%で存在する。 の炭素、6.2の水素、および40.8の酸素を含む。

44%の炭素、6.2の水素、および40.8の酸素を含む。
と書いてあるっぽい。
呼吸でなくなるものを食べ物で補うには健康的なものを食べましょうよ。

気になった英単語

  • substances(物質)
  • principal(主要な)
  • cane-sugar(砂糖菓子)
  • precisely(正確に)
  • proportions(割合)

 

今日はここまで!
ありがとうございました!


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

雨が降り出したら

南で降りてCD借りる

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その20

    ついに20回目!前回は呼吸によって逃げる成分がありましたね。今回はさらに呼吸につ…

  2. 家畜の歴史について その41

    前回は&cってエトセトラで「等々」の意味らしいでしたね。今回はいろんな食料についての…

  3. 家畜の歴史について その52

    前回はいろ~~~んな国産についてでしたね。今回いろ~~~んな国産についての続きです。…

  4. 家畜の歴史について その40

    前回は人物が多く登場してきましたね。今回も家畜のための食料についての続き~~。I…

  5. 家畜の歴史について その29

    前回は呼吸で燃え尽きましたね。今回も呼吸と脂肪についてです。The bear r…

  6. 家畜の歴史について その26

    前回は「肥育」って言葉を知りましたね。英語の勉強だったはずが、合ってるかわからないま…

  7. 家畜の歴史について その55

    前回は自分の国って言葉が好きってことでしたね。今回も各国(自国)の牛についての続きで…

  8. 家畜の歴史について その63

    前回はデボン牛~~~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。The last …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP