わからないことが多いうちは

わからないことが多いうちは

見ている、考えているところが

局所的になっていて

慣れと知識が増えていくと

大局的に見えたり、考えることが

できるんだと思う

いま自分が見ている物事は

局所的か大局的かで考えると

相対して物事に対する知識や

経験の大小がわかるんだと思う

局所的に見えてると思ったときは

人に教えを乞うて、

大局的に見えてると思ったときは

人に教えると良いかもしれない

日テレドラマ

飽きの正体は、

一年間続けた結果に対する

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 相手が大好きでないなら

    相手が大好きでないなら頼まれたことは自分にメリットがあるか明確に相手に大好きだと思わ…

  2. 人の意見を重要視し過ぎる人は

    人の意見を重要視し過ぎる人は人の意見を受け入れられない人なのかもしれない自…

  3. 上機嫌は上金源

    上機嫌は上金源上機嫌であれば他のものごとは小さなできごと…

  4. 清潔と美しいは必ずしも一致しない

    清潔と美しいは必ずしも一致しない…

  5. 悪いことを悪いと言って

    悪いことを悪いと言って良くなることはあっただろうか良いところを良いと言って…

  6. 早い、遅いや、高い、低いや、

    早い、遅いや、高い、低いや、多い、少ないなどに優劣、正否を付け加えることが社会性だ…

  7. すぐに同意する、すぐに否定する

    すぐに同意する、すぐに否定するこれには思考や判断の入る隙間がなく思考や判断というよ…

  8. 焼き鳥のタレ派と塩派は

    焼き鳥のタレ派と塩派は甘党の人はタレ派で辛党の人は塩派のような気がする…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP