わからないことが多いうちは

わからないことが多いうちは

見ている、考えているところが

局所的になっていて

慣れと知識が増えていくと

大局的に見えたり、考えることが

できるんだと思う

いま自分が見ている物事は

局所的か大局的かで考えると

相対して物事に対する知識や

経験の大小がわかるんだと思う

局所的に見えてると思ったときは

人に教えを乞うて、

大局的に見えてると思ったときは

人に教えると良いかもしれない

日テレドラマ

飽きの正体は、

一年間続けた結果に対する

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 悪いことを悪いと言って

    悪いことを悪いと言って良くなることはあっただろうか良いところを良いと言って…

  2. 来年の流行語大賞

    来年の流行語大賞「ワハッてこーぜ!」(笑いあって行こうぜ!)…

  3. 自分へのメリットばかりを考えてないか?

    自分へのメリットばかりを考えてないか?その考えはデメリットだぞ…

  4. プロ=滅私奉公

    プロ=滅私奉公と勘違いしてはいけないいかに協力しあえるかいかに信頼しあえるかその考えを楽しめ…

  5. 教えてくれないって

    教えてくれないって拗ね始めたときが思考停止の危険信号かもな…

  6. ありがとうとごめんも

    ありがとうとごめんもそうだけどわからない、も言えないままだと物事がどんどん複雑になり…

  7. 疑問より先に反論を

    疑問より先に反論を質問より先に正論をしないようにしようと思う…

  8. 苛立ちは

    苛立ちは受け身が過剰であるという危険信号なのかもな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP