わからないことが多いうちは

わからないことが多いうちは

見ている、考えているところが

局所的になっていて

慣れと知識が増えていくと

大局的に見えたり、考えることが

できるんだと思う

いま自分が見ている物事は

局所的か大局的かで考えると

相対して物事に対する知識や

経験の大小がわかるんだと思う

局所的に見えてると思ったときは

人に教えを乞うて、

大局的に見えてると思ったときは

人に教えると良いかもしれない

日テレドラマ

飽きの正体は、

一年間続けた結果に対する

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. なぜカウンセリング専門店

    なぜカウンセリング専門店という店舗、看板を見かけないのだろう?なぜお話聞きます、否定も批判も…

  2. 自分のことは自分で

    自分のことは自分でやるから(反省とか、向上とか)周りからはだだ肯定応援してほしいという人は自分…

  3. 感情は

    感情は昔は萌えで今はエモ…

  4. 早い、遅いや、高い、低いや、

    早い、遅いや、高い、低いや、多い、少ないなどに優劣、正否を付け加えることが社会性だ…

  5. 勉強に面白みを感じない人、

    勉強に面白みを感じない人、もしくは勉強に不慣れな人ほど人の話を聞き入れることも…

  6. ビールを美味いと感じるのは、

    ビールを美味いと感じるのは、アルコールによってこれから酔えるぞという期待によるもの…

  7. 人見知りって

    人見知りって、「人と仲良くしなきゃ、人を信じなきゃ」っていう前提があって、それができない、と…

  8. 絶対という言葉は

    絶対という言葉は他人への説得や自己アピールに使うと胡散臭いけど自分を鼓舞するために…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP