わからないことが多いうちは

わからないことが多いうちは

見ている、考えているところが

局所的になっていて

慣れと知識が増えていくと

大局的に見えたり、考えることが

できるんだと思う

いま自分が見ている物事は

局所的か大局的かで考えると

相対して物事に対する知識や

経験の大小がわかるんだと思う

局所的に見えてると思ったときは

人に教えを乞うて、

大局的に見えてると思ったときは

人に教えると良いかもしれない

日テレドラマ

飽きの正体は、

一年間続けた結果に対する

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 考えるというのは、調べると似てて

    考えるというのは、調べると似てて自分の感覚に囚われず客観的で前向きで、新しい何かを…

  2. 案を出しあって

    案を出しあって陰に籠りすぎずうん、と肯定し縁を見極めつつ恩で温まったり…

  3. 規制をすると平面化する

    規制をすると平面化する、付け加えると多面化する、 伝えることは余計なことを省き…

  4. 想像力の面白いところは

    想像力の面白いところは、行ったことがないところも、その画像や文などを見れば行った気になれるしフ…

  5. 他人を見下さないように

    他人を見下さないようにするのと同じように自分を見下さないようにする事が大事…

  6. やって良いことと悪いことがある

    やって良いことと悪いことがあるという言葉があるけど多分その二つじゃない気がするやって…

  7. この世に正解ないのに

    この世に正解ないのに正解を気にしすぎてるそれはこの世に正解がないから不正解だと思いや…

  8. 1億2千万人のうちの1万人が

    1億2千万人のうちの1万人がリツイートしただけ1億2千万人のなかの1企業が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP