自分の中にある、相手はこうあるべき

自分の中にある、相手はこうあるべき

という思い込みや、私はこういうことを

したいという願望を、簡単な言葉や

簡単な行動で従わせようとしたとき、

初めて相手との間に角が立ち、

また、溝が現れるのだと思う

まずするべきなのは、自分の中の

相手はこうあるべきという思い込みや

自分はこうありたいという願望を

見直すことで、それでもそれらを

押しお通したい場合は、きめ細やかな

コミュニケーションと多くの言動を持って

相手からそうしてもらうよう、説得し

理解と納得と楽しさを持ってもらうのが

いいと思う

日テレドラマ

好きなことをするには

子供の頃は物事の表を見ていたから

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 何も考えなくていいんだよ

    何も考えなくていいんだよ寝るときと起きるとき何も思い出さなくていいんだよ…

  2. ライブハウスで働く

    ライブハウスで働く女性スタッフの森の小人感とてもかわいらしいけど自分とはまったく違う…

  3. 他人を見下さないように

    他人を見下さないようにするのと同じように自分を見下さないようにする事が大事…

  4. 美味しそうに笑う

    美味しそうに笑う…

  5. 絵に必要な3つ力と1つの感

    想像力と説得力と共感力とお得感の4つ…

  6. 夏にゾッとする話するなら、

    夏にゾッとする話するなら、冬にホッコリする話して?…

  7. 正論は土台で

    正論は土台でそこから自由になりたいのに正論を壁や屋根に使ってしまわないよう…

  8. 例えばAさんが1から物事を考え始めて、

    例えばAさんが1から物事を考え始めて、10に到達したいとき、人は1から6までは良い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP