自分の中にある、相手はこうあるべき

自分の中にある、相手はこうあるべき

という思い込みや、私はこういうことを

したいという願望を、簡単な言葉や

簡単な行動で従わせようとしたとき、

初めて相手との間に角が立ち、

また、溝が現れるのだと思う

まずするべきなのは、自分の中の

相手はこうあるべきという思い込みや

自分はこうありたいという願望を

見直すことで、それでもそれらを

押しお通したい場合は、きめ細やかな

コミュニケーションと多くの言動を持って

相手からそうしてもらうよう、説得し

理解と納得と楽しさを持ってもらうのが

いいと思う

日テレドラマ

好きなことをするには

子供の頃は物事の表を見ていたから

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. みんな楽をしたいのに、

    みんな楽をしたいのに、楽の仕方がわからないから楽じゃないことが正しいと思い込むことで楽を…

  2. なぜ女子生徒は

    なぜ女子生徒はスカートなんだろう?校長先生はなぜパンツが見えやすいスカートを女子に履かせたま…

  3. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

  4. 胡散臭いのは、

    胡散臭いのは、まず相手をこじ開けようとすること、信用できるのは、まず自分(…

  5. 人は高密度なポリゴンのように

    人は高密度なポリゴンのようにたくさんの面があると思う人に対して気持ち悪い、キモいと…

  6. 会話をしているんだろうか?

    会話をしているんだろうか?話したいことを話すのではなく聞きたいことを聞き聞い…

  7. 酔うと本性が出るのではなく

    酔うと本性が出るのではなく酔うと10割中の幼稚な1割が出るだけである…

  8. 基本が応用を殺す

    基本が応用を殺すというイメージがあった基本は応用を助けるというイメージなら基本を覚えるこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP