例えば自分は空気を読むと言った場合

例えば自分は空気を読むと言った場合

じゃあ自分以外は空気を読まないのか

という意味でなくて

最初は空気を読んだり読まなかったり

空気を読むほうが比較的多かったり

そのあと空気を読まない

という個人の考えのグラデーションを

忘れがち、考えは良いか悪いかの

二択じゃない、

自分が悪いか相手が悪いかの

二択じゃないと考えてみる

日テレドラマ

人に対するギャップとは

大きな道を一緒に

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 不公平なのが自然で

    不公平なのが自然で公平なのは人々の努力であることが前提で考えたほうがいいか…

  2. 空気を読む人も

    空気を読む人も空気を読まない人もいなくていい空気は空気のままにしておいて近くにいる人…

  3. 心を開いても、閉じても

    心を開いても、閉じても物事は解決しそうだけど解決する時間に差がありそう閉じてるときは開いたと…

  4. 新しいものを、良いものと錯覚しがち

    新しいものを、良いものと錯覚しがち古いものを、悪いものと錯覚しがちまた古い…

  5. 言葉も笑いも悲しみも

    言葉も笑いも悲しみも全部自分の中で循環しちゃわないようにしないとな…

  6. 認知の歪みを土台に

    認知の歪みを土台にしてもらうことばかり考えると不安と不満が生まれる気がする…

  7. 人に対するギャップとは

    人に対するギャップとは漫才や落語に対するオチに似ている気がするあの人は明る…

  8. 美味しそうに笑う

    美味しそうに笑う…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP