例えば自分は空気を読むと言った場合

例えば自分は空気を読むと言った場合

じゃあ自分以外は空気を読まないのか

という意味でなくて

最初は空気を読んだり読まなかったり

空気を読むほうが比較的多かったり

そのあと空気を読まない

という個人の考えのグラデーションを

忘れがち、考えは良いか悪いかの

二択じゃない、

自分が悪いか相手が悪いかの

二択じゃないと考えてみる

日テレドラマ

人に対するギャップとは

大きな道を一緒に

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 物事を収納ボックス内の私物と考えると

    物事を収納ボックス内の私物と考えるとそれらがなくなったときや位置が変わったときに違…

  2. 自分の問題から

    自分の問題から目をそらすために他人にレッテルを貼って他人を変えようとしてしまうときは…

  3. 嫌われる前に嫌え

    嫌われる前に嫌え笑われる前に笑えじゃなかった未熟だった嫌われても好きでいて笑われ…

  4. 男がほしいのは知識と情報

    男がほしいのは知識と情報女がほしいのは体験と共感それら結びつけるのは感情…

  5. 未知の制作において

    未知の制作においてやりたいか、やりたくないかの質問でなく、いきなり、できるか、できな…

  6. お笑いの基本構造が

    お笑いの基本構造がフリ→ボケ→ツッコミ→オチ、という流れだとして、一般の会話の中で…

  7. だいたいの質問は

    だいたいの質問は人による時と場合によるで片付いちゃうその3つで済ませない優しさを…

  8. わからないことが多いうちは

    わからないことが多いうちは見ている、考えているところが局所的になっていて慣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP