誰もがあちこちに

誰もがあちこちに

寂しさを捨てていく

落ちた寂しさが

寂しい寂しいと

寂しがって泣いていた

寂しい涙が

なんだかきれいに見えてきて

拾って部屋に飾った

寂しい部屋が淡く点滅し

なんだかきれいに見えてきて

寂しさが愛しく思えた

寂しさを捨てないで

きれいに育てて

どうしても捨てたくなったら

海か山に還して

そしたらいつか

風に乗って

寂しさが雨をもたらすから

日テレドラマ

家畜の歴史について その41

家畜の歴史について その42

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 中野のあそこの坂のあの

    中野のあそこの坂のあの確かに隠した坂の下 JRがカーブするレール音に言葉取られる だか…

  2. 雨が降り出したら

    雨が降り出したら考えて最初の10粒に天使がだから傘をさすのは少しあとそして最後の…

  3. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

  4. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  5. ひまわりの歌声

    路肩に転がる 石ころは空のやつらに 毒づいてばかにしてんじゃねぇよと叫んでみても ああせみ…

  6. Let’s 焼きそば

    Let’s 焼きそばLet’s 焼きそば食べたくないか?焼きそばLet’s …

  7. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  8. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP