「ごめん、待った?」

「ごめん、待った?」で始まると思っていたら
俺が待たせていた 場所を間違えた

雑誌で見つけた店に行ったら満席だった
隣の定食屋しかなかった

並木通りで「好きだよ」と言おうとしたら
人にぶつかった それからしばらく会話が消えた

浜辺で夕日を見ていたら腹が鳴った
手を握ろうとしたら雨が降り出した

夜景の見える丘は工事中だった
レストランでワインを飲みすぎて気持ち悪かった
最後にキスをするつもりだったのに
そんな気分になれなかった 苦しかった

別れぎわ「またね」が言えたとき
あのこが「うん」と言ったとき
そんなに悪くない気がした一日
理想と違う現実を何となく理解した日

日テレドラマ

都合のいい記憶

鳥に例えたなら

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 通り雨のした

    通り雨のした雲と雨のドラマのしたを通り抜ける脇役ひとり濡れてるんだけどな俺も…

  2. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  3. 誰もがあちこちに

    誰もがあちこちに寂しさを捨てていく落ちた寂しさが寂しい寂しいと寂しがって泣いていた…

  4. フェイスブックは突然に

    フェイスブックは突然に何から伝えればいいのか わからないままログインしたけど浮かんでは消…

  5. 星屑プレゼント

    星屑プレゼントつなげた星屑プレゼント プレゼント夜でもあなたの素顔が優しく光るよ…

  6. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  7. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

  8. このエスカレーターで昇った先は

    このエスカレーターで昇った先は自販機でジュースを買って振り返った先は自動ドアが開いた先は…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP