Hello, Dear Pride

Hello, Dear Pride 空を見て

光るTの字 雲を一筋作って通り過ぎていく

守っていてくれていたんだよね この潮風のように

揺れるパラソルも いくつか閉じ始め

 

Hello, My Pride 足元に

絡む海水 白く泡立ち弾けてまた帰っていく

助けてくれていたんだよね この泡波のように

スピーカーから かすれた「Hello,my friend」

 

夏が終わる頃 暑さにまかせて

汗のしずくに合わせて サヨナラすればよかった

秋が始まる頃 涼しさに乗せて

ふとももについた砂と 一緒に払っていたら

 

君と歩いて 君と走った 何十年も

君がいないときに笑って 君がいないときに泣いた

君と考えて 君と答えた 何十年も

君がいたことで怖がって 君がいたことでいらだった

 

夏が終わる頃 大声にまかせて

焼けたにおいをかぶせて 食べてしまえばよかった

秋が始まる頃 歌声に乗せて

浮き輪から抜ける空気と 一緒に散っていったら

 

Hello, Dear Pride ありがとう

防波堤を 越えて見えるサーフカフェでコーヒー一つ

守っていてくれていたんだよね この氷のように

ラジオからまた 淋しい「Hello,my friend」

 

君と歩いて 君と走った 何十年も

君がいないときに笑って 君がいないときに泣いた

君と考えて 君と答えた 何十年も

君がいなくても大丈夫 君がいなくても多分

大丈夫だから ありがとう

日テレドラマ

もしかしたら自分はアメーバの様な物で

何事も楽しむことは大事だけど

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. ちょっともっと

    ちょっとがもっとになり ずっとに変わるそのずっとの中にほっとを探し出せたらきっと良い関係…

  2. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  3. 冷めないでコーヒー

    冷たい風を感じて青空を見た魚が二匹 泳いでました冷めないでコーヒーそう思いながら…

  4. あなたとマージンゼロになりたい

    あなたとマージンゼロになりたい毎日気持ちがカルーセルしていくあなたとマージンゼロになりた…

  5. 悲しみを優しく抱え

    悲しみを優しく抱え右に左に大きくゆっくり揺れる悲しい時にね 欲そのものを捨てなさいあ…

  6. フリーフリーフリー

    フリーフリーフリーあれこれフリー アルコールフリーフリーフリーフリー知ったかブリー 知ら…

  7. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  8. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP