Hello, Dear Pride

Hello, Dear Pride 空を見て

光るTの字 雲を一筋作って通り過ぎていく

守っていてくれていたんだよね この潮風のように

揺れるパラソルも いくつか閉じ始め

 

Hello, My Pride 足元に

絡む海水 白く泡立ち弾けてまた帰っていく

助けてくれていたんだよね この泡波のように

スピーカーから かすれた「Hello,my friend」

 

夏が終わる頃 暑さにまかせて

汗のしずくに合わせて サヨナラすればよかった

秋が始まる頃 涼しさに乗せて

ふとももについた砂と 一緒に払っていたら

 

君と歩いて 君と走った 何十年も

君がいないときに笑って 君がいないときに泣いた

君と考えて 君と答えた 何十年も

君がいたことで怖がって 君がいたことでいらだった

 

夏が終わる頃 大声にまかせて

焼けたにおいをかぶせて 食べてしまえばよかった

秋が始まる頃 歌声に乗せて

浮き輪から抜ける空気と 一緒に散っていったら

 

Hello, Dear Pride ありがとう

防波堤を 越えて見えるサーフカフェでコーヒー一つ

守っていてくれていたんだよね この氷のように

ラジオからまた 淋しい「Hello,my friend」

 

君と歩いて 君と走った 何十年も

君がいないときに笑って 君がいないときに泣いた

君と考えて 君と答えた 何十年も

君がいなくても大丈夫 君がいなくても多分

大丈夫だから ありがとう

日テレドラマ

もしかしたら自分はアメーバの様な物で

何事も楽しむことは大事だけど

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

  2. 鳥に例えたなら

    鳥に例えたなら 俺たちは風に乗ってそれでもこの先にかごの格子があるんじゃないかって不安に…

  3. 土曜の夢

    土曜の夢 日曜日の雨夜の16 朝日を浴びて並木で抜けてたら若者のたわむれ自分を嫌った…

  4. 夕日を反射する

    夕日を反射する大きな窓の奥コインランドリーから柔らかい風うねってまわって自転車のスポークにまわって…

  5. そそ草

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていた…

  6. もっとずっと

    もっとずっとこのままで もう少しちょっとまっての言葉すら波に消されていく君の前で…

  7. アナタは嫌いじゃないわ

    アナタは嫌いじゃないわ でも好きじゃないだって アナタはいずれ私のそばを離れてゆくからもう何…

  8. あの信号が変わる前に

    あの信号が変わる前にあの頃 聴き捨てた 恋の歌を 今は涙でかくし 口ずさみ泣いてた?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP