都合のいい記憶

都合のいい記憶ばっか連鎖した
体よく悩めるようにさよならしてた

歯車止めたくなくて ぎしぎしを無視した
そしたら曖昧につくった記憶の葉散った

相手をわかろうとするほど
大事なところを読み忘れてた
相手にわかってもらおうとするほど
大事なところを伝え忘れた

隠すことで大人だと思った
さらけだして子供になりたくなった

「どうしてもっと」の数が夜を暗くした
「どうしてもっと」がフロントガラスを曇らせた

相手のもってる時間に嫉妬した
自分の持ってる時間と比べてた

懐かしい今日の終わりは優雅に終わった

日テレドラマ

お前がサメなら俺はフォーク

「ごめん、待った?」

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 夕日を反射する

    夕日を反射する大きな窓の奥コインランドリーから柔らかい風うねってまわって自転車のスポークにまわって…

  2. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  3. 誰もがあちこちに

    誰もがあちこちに寂しさを捨てていく落ちた寂しさが寂しい寂しいと寂しがって泣いていた…

  4. あの信号が

    あの信号が赤になったら出かけよう俺ら大して性格良くないし人から好かれてるとも思わない…

  5. 似ていた

    似ていた似ていたから似ていただけだ似ていたな髪型? 体型?身…

  6. 大好きな歌手がまた

    大好きな歌手がまた行け行け 言え言え と歌ってる背中を押されて押された先は轟…

  7. あの信号が変わる前に

    あの信号が変わる前にあの頃 聴き捨てた 恋の歌を 今は涙でかくし 口ずさみ泣いてた?…

  8. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP