都合のいい記憶

都合のいい記憶ばっか連鎖した
体よく悩めるようにさよならしてた

歯車止めたくなくて ぎしぎしを無視した
そしたら曖昧につくった記憶の葉散った

相手をわかろうとするほど
大事なところを読み忘れてた
相手にわかってもらおうとするほど
大事なところを伝え忘れた

隠すことで大人だと思った
さらけだして子供になりたくなった

「どうしてもっと」の数が夜を暗くした
「どうしてもっと」がフロントガラスを曇らせた

相手のもってる時間に嫉妬した
自分の持ってる時間と比べてた

懐かしい今日の終わりは優雅に終わった

日テレドラマ

お前がサメなら俺はフォーク

「ごめん、待った?」

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 静かな静かな夜

    静かな静かな夜遠くで遠くで車のタイヤが雨水を弾く音夜行便が静寂を航る音近くで…

  2. 「ごめん、待った?」

    「ごめん、待った?」で始まると思っていたら俺が待たせていた 場所を間違えた雑誌で見つけた…

  3. きて星、みて星、きえて星

    きて星、みて星、きえて星そして、スタ、スタ、歩いてきて星…

  4. 星屑プレゼント

    星屑プレゼントつなげた星屑プレゼント プレゼント夜でもあなたの素顔が優しく光るよ…

  5. 普段は良質なガスがあって

    普段は良質なガスがあってそれを幸せと呼び心はそれでいつも膨らんでいるのだけど循環が良くな…

  6. 冷めないでコーヒー

    冷たい風を感じて青空を見た魚が二匹 泳いでました冷めないでコーヒーそう思いながら…

  7. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  8. フェイスブックは突然に

    フェイスブックは突然に何から伝えればいいのか わからないままログインしたけど浮かんでは消…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP