都合のいい記憶

都合のいい記憶ばっか連鎖した
体よく悩めるようにさよならしてた

歯車止めたくなくて ぎしぎしを無視した
そしたら曖昧につくった記憶の葉散った

相手をわかろうとするほど
大事なところを読み忘れてた
相手にわかってもらおうとするほど
大事なところを伝え忘れた

隠すことで大人だと思った
さらけだして子供になりたくなった

「どうしてもっと」の数が夜を暗くした
「どうしてもっと」がフロントガラスを曇らせた

相手のもってる時間に嫉妬した
自分の持ってる時間と比べてた

懐かしい今日の終わりは優雅に終わった

日テレドラマ

お前がサメなら俺はフォーク

「ごめん、待った?」

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 冷めないでコーヒー

    冷たい風を感じて青空を見た魚が二匹 泳いでました冷めないでコーヒーそう思いながら…

  2. 君がハートを優しくつねる

    君が僕のハートを優しくつねる隣にいたなら肘でつついてやるのに手の届かない席僕をこ…

  3. Club Bの裏

    Club Bの裏 雑種(ノラ)がゴミを漁る別に期待してるわけじゃねえそうさ 期待なんて昔…

  4. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

  5. 喉が渇いて

    喉が渇いて水が飲みたくなるように君が気になりメッセージを送ってしまう…

  6. その羽いいね

    その羽いいね あまりに薄くて見えないくらい照れながら彼女は白鍵の上にふわりと降りた舞っては鳴…

  7. 鼻と口からでた風邪は

    鼻と口からでた風邪はスイカもパスモも使わずに改札を抜けて総武線 津田沼行に乗…

  8. 雨が降り出したら

    雨が降り出したら考えて最初の10粒に天使がだから傘をさすのは少しあとそして最後の…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP