自分がお笑い芸人の話の中で

自分がお笑い芸人の話の中で

どんな内容によく笑うかと考えてみると

めちゃくちゃくだらないあるある、と

下品さや欲望を、茶化しながら

オブラートに包みながら話す内容と

この人はこの先どうなってしまうのか、と

思わせるような、少し危なっかしい

予想のつかない卑屈さ、偏見的な考えを

披露する、という3つが、混ざりながら

話されると、とても面白く聞くと思う

これはつまり、中学から高校あたりの

男子の会話に近いものがある気がして、

その時の面白かった気持ちを回顧している

のかもしれない

日テレドラマ

人から教えてもらうという行為は

面白いと思える物語は、新しい対話を

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. もしかして、連休明けの仕事が

    もしかして、連休明けの仕事がしんどく感じるのは休み中の呼吸と仕事を始めるときの呼吸…

  2. わかるという感覚には、いくつかの段階

    わかるという感覚には、いくつかの段階「他者(有識者)との認識相違がわかる」「自分が…

  3. 男がほしいのは知識と情報

    男がほしいのは知識と情報女がほしいのは体験と共感それら結びつけるのは感情…

  4. ルールやマナーを実践するか

    ルールやマナーを実践するかどうかの自己判断として物事が効率よく進むか相手の…

  5. わからないことや、忘れてることは

    わからないことや、忘れてることはそれらをわかったこと、思い出したことそれのみに注力…

  6. 恋愛話をするのも聞くのも苦手なのは

    恋愛話をするのも聞くのも苦手なのは恋愛話 = 本音(多分相当偏っている考え)や自分…

  7. 教える、と

    教える、と知識を披露する、とは違ってて相手と向き合ってるか自分の気持ちよさか…

  8. 目がかすみはじめているな

    目がかすみはじめているなと思った(電車ホーム電光掲示板がかすみがちな)ときは肩から肩甲骨…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP