面白いと思える物語は、新しい対話を

面白いと思える物語は、新しい対話を

模索、実験している物語だと思う

逆にうーん、と思う物語は

キャラ、設定、環境は模索、実験してるが

対話は過去の定番を焼き直ししつつ、

オンオフが過剰な感情表現で

ごまかす感じだと思う

日テレドラマ

自分がお笑い芸人の話の中で

トニー滝谷 宮沢りえ

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 苛立ちは

    苛立ちは受け身が過剰であるという危険信号なのかもな…

  2. 子供の頃は物事の表を見ていたから

    子供の頃は物事の表を見ていたから幸せで楽しかったのかもしれない歳を重ねるにつれ、物…

  3. 恥ずかしさと寂しさを

    恥ずかしさと寂しさを異常に排除したがるのはなぜ? 恥ずかしさと寂しさは土台…

  4. 本気でできないときは

    本気でできないときは誰かとじゃないと実現できなくてその誰かが本気じゃなかったときだけあとは本…

  5. 覚悟とはその瞬間に

    覚悟とはその瞬間に起こすものでなく徐々に(時には一年かけて)固めていくものなのかもな…

  6. 暖冬や冷夏っていうけど

    暖冬や冷夏っていうけどこの時期は冬、この時期は夏っていう思い込みかも暖冬ならその時期はま…

  7. クリスマスにイブ24日、

    クリスマスにイブ24日、イブイブ23日があるんだからブイ26日、ブイブイ27日もあってほしい…

  8. 最後のあいこ

    最後のあいこ勝つでもなく負けるでもなく最後の最後まで君とあいこのまま繰り返し繰り返…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP