「感動の物語」というキャッチコピーを

「感動の物語」というキャッチコピーを

使うのは、「感動の物語なんていう

使い古されたコピーで客を引くな」と

言う人よりも、「感動の物語」という

コピーを見て、その物語に引かれる

人の方が、単純に多いからなんだと思う

日テレドラマ

夢を持つ、や、成長、は

もしかしたら自分はアメーバの様な物で

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 多くのツイートの構造として

    多くの(先導する)ツイートの構造として感情、事実、主観の3つから成り立っている気が…

  2. 講義や教えてもらうとき

    講義や教えてもらうときお互いが勘違いしやすいのは教えてもらう方はその時点では知った状態で、覚…

  3. できて当然という考え方が

    できて当然という考え方が人に対して心狭くなるのかもできなくて当然と考えればできない人にはそ…

  4. 下品で汚らしく、なにより上手かった

    下品で汚らしく、なにより上手かった…

  5. 今日は食べない、と決めて

    今日は食べない、と決めて食べずにいたら開放感があったここに料理の下手な理由が…

  6. そうか、夢はありません

    そうか、夢はありませんって言えばいいんだ 夢に興味はありませんからこれからも見るつもりもあ…

  7. 来年の流行語大賞

    来年の流行語大賞「ワハッてこーぜ!」(笑いあって行こうぜ!)…

  8. その100点は、

    その100点は、一般的に見ての100点なのか自分の求めてる100点なのかそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP