「感動の物語」というキャッチコピーを

「感動の物語」というキャッチコピーを

使うのは、「感動の物語なんていう

使い古されたコピーで客を引くな」と

言う人よりも、「感動の物語」という

コピーを見て、その物語に引かれる

人の方が、単純に多いからなんだと思う

日テレドラマ

夢を持つ、や、成長、は

もしかしたら自分はアメーバの様な物で

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 正義というのは一つしかない

    正義というのは一つしかないという思い込みがある気がする自分の正義、相手の正義、があ…

  2. 決める(決断する)、ということに

    決める(決断する)、ということにもしかしたら必要以上に怯えてるのかも決めるというこ…

  3. 質問をするのが

    質問をするのが面倒で自分が正しいと思い込む穴に入り込んでしまうと本気で、とかプライド持っ…

  4. 1億2千万人のうちの1万人が

    1億2千万人のうちの1万人がリツイートしただけ1億2千万人のなかの1企業が…

  5. むやみに苛立ち、

    むやみに苛立ち、全方向に敵意が生まれるのは「眠気が襲ってきても起きていなければならない、…

  6. 見たくない現実的な情報より

    見たくない現実的な情報より優しい嘘に惹かれることと、細かく記述されている原文より…

  7. 初めての人に何かを教えるとき

    初めての人に何かを教えるとき情報や上達する方法を教えるがもしかしたら、まずはそれの…

  8. 相手に「私の言っている意味わかる?」

    相手に「私の言っている意味わかる?」と、聞くと相手を攻撃している空気も起こるのと思…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP