お笑いの基本構造が

お笑いの基本構造が

フリ→ボケ→ツッコミ→オチ、という

流れだとして、一般の会話の中では

最初のフリは、割と簡単にいくつも生まれ

その後、皆、ボケることができないが

ボケをそれぞれの頭の中に描くことで

それぞれが笑っていたりする気がする

または、ボケを通り越してツッコんだり

テレビで見知った、オチのフレーズを

そのまま、多用してみることで

なんとなくのっぺりとした笑いが

生まれていて、それで良いような気もする

日テレドラマ

善人や前向きであろうとする前に

自分の中にある、理想という名の

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 見たくない現実的な情報より

    見たくない現実的な情報より優しい嘘に惹かれることと、細かく記述されている原文より…

  2. 無駄があってもいいものは

    無駄があってもいいものは会話かもしれない前置きを外したり、効率よく早口にな…

  3. ダメ出しはあるのに

    ダメ出しはあるのに褒め出しはあるだろうか反省会はあるのに称賛会はあるだろう…

  4. 大きな言葉は嘘になる

    大きな言葉は嘘になる真面目な言葉は本当になる…

  5. もしかするとコミュニケーション不足は、

    もしかするとコミュニケーション不足とはコミュニケーションそのものが不足しているのは…

  6. 縄跳びをしてて思うのは

    縄跳びをしてて思うのはしんどい、と心のなかで思っているとすぐにやめてしまいそうにな…

  7. 会話をすることは簡単なことだと

    会話をすることは簡単なことだと思い込んでいたから、会話が上手く行かないと思…

  8. プライドを分解すると

    プライドを分解すると人の話より自分の話に興味を持ち続けて人の話を聞くより自…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP