お笑いの基本構造が

お笑いの基本構造が

フリ→ボケ→ツッコミ→オチ、という

流れだとして、一般の会話の中では

最初のフリは、割と簡単にいくつも生まれ

その後、皆、ボケることができないが

ボケをそれぞれの頭の中に描くことで

それぞれが笑っていたりする気がする

または、ボケを通り越してツッコんだり

テレビで見知った、オチのフレーズを

そのまま、多用してみることで

なんとなくのっぺりとした笑いが

生まれていて、それで良いような気もする

日テレドラマ

善人や前向きであろうとする前に

自分の中にある、理想という名の

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 心を開いても、閉じても

    心を開いても、閉じても物事は解決しそうだけど解決する時間に差がありそう閉じてるときは開いたと…

  2. 人に対するギャップとは

    人に対するギャップとは漫才や落語に対するオチに似ている気がするあの人は明る…

  3. 大丈夫?という質問の中には、

    大丈夫?という質問の中には、相手は大丈夫でない、と、また自分(質問者)は大丈夫であるという、認識が見…

  4. 他人を見下さないように

    他人を見下さないようにするのと同じように自分を見下さないようにする事が大事…

  5. 自分に自信が無いときは

    自分に自信が無いときは自信のある人に惹かれやすくなるのかも自分が誰に惹かれているか…

  6. 疑問より先に反論を

    疑問より先に反論を質問より先に正論をしないようにしようと思う…

  7. 誰もあなたを笑ったりしない

    誰もあなたを笑ったりしない黙ってあきらめてこっそり見下すだけそれでもあなたは黙らずあきらめず見…

  8. 男は優越をエンジンに、性欲をガソリンに動いてる

    男は優越をエンジンに、性欲をガソリンに動いてる女は安心をエンジンに、依存をガソリンに動いてる…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP