家畜の歴史について その70

前回はあと8回!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!でしたね。

今回も前回と同じ段落です。

Since the first importations, larger accessions from the best English herds have been frequently made; and with the nice regard for pedigrees which the introduction of the herd book, and careful purity in breeding has produced, the Short Horns have become the most extensive pure-bred family of cattle in the United States.

-最初の輸入以来、最高の英語牛からのより大きな収入が頻繁に作られてきた。 牧草の紹介、繁殖の慎重な純粋さが生み出された家系についての素敵なおかげで、ショートホーンズは米国で最も広範に純粋に飼育された家畜になっています。

牛のことばっか!!!

 

During the speculative times of 1835 to 1840, they brought high prices, frequently from $500 to $1000, and sometimes more.

-1835年から1840年の投機的な時代に、彼らはしばしば500ドルから1000ドルまでの高価な価格をもたらしました。

やれ、角が長いだの、短いだの!!!

 

The following years of financial embarrassment, reduced their market price below their intrinsic value; but the tide is again turning, and they are now in demand, but still at prices far below their utility and merits.

-次の年の財政難は、市場価格を本質的価値よりも下げました。しかし、潮流は再び変化しており、現在は需要がありますが、その効用やメリットをはるかに下回る価格では依然として需要があります。

赤いだの黒いだの!!!!

 

They have from the first, been favorites in the rich, corn valleys of the West, their early maturity and great weight giving them a preference over any other breed. The only drawback to this partiality, is their inability, from their form and weight, to reach remote eastern markets in good condition; an objection now in a great measure remedied, by the recent remission of duties on foreign beef in the English market, which makes them of nearly equal value where fed, to pack for exportation.

-彼らは最初から、豊かな西洋のトウモロコシの谷、早い成熟、そして大きな体重を好み、他の品種に比べて好みを与えています。 この偏見の唯一の欠点は、形態と重量から、遠隔の東部市場に良好な状態で到達することができないことです。 最近の英国市場で外国産牛肉に対する義務の寛解によって、輸出用に梱包されている殆ど同等の価値を持つ、偉大な措置を講じている異議申立人である。

何を食べてるだの、どこの国かだの!!!!

 

On light lands and scanty pastures, they will probably never be largely introduced. All heavy animals require full forage within a limited compass, so as to fill their stomachs at once, and quietly compose themselves to their digestion.

-軽い土地や乏しい牧草地では、おそらく大部分が導入されることはありません。すべての重い動物は、一度に胃を満たし、静かに自分の消化を構成するように、限られたコンパス内で完全な飼料を必要とします。

限られたコンパス内で完全な飼料を必要とします!!!!!

 

今日はここまで!
ありがとうございました!

毎週火曜日と木曜日の12時頃に更新しています。
覚えてたらお楽しみに。


ここでは英語のできない自分が英語の勉強と称して
気になる海外の文章をgoogle翻訳しつつ、
さらに意訳を加えて紹介してみるという実験的な内容でお送りします。

ご意見、ご指摘のある方はコメント頂けたらと思います。

出典元はこちらから
https://www.gutenberg.org/files/34175/34175-h/34175-h.htm

日テレドラマ

人と違うことをする人が

過去に描いたキャライラストです。 同テイストのイラストをお求めの方はホームページの ご依頼ボタンからご依頼くださいませ。

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 家畜の歴史について その27

    前回は大きな昏睡が成功しましたね。先週はしれっと休みましたが誰も見ていないので良…

  2. 家畜の歴史について その61

    前回はデボン牛食べてみたいでしたね。今回もデボン牛食べてみたいです。The co…

  3. 家畜の歴史について その33

    前回は創作料理やとか暖かくて暗いところ多い話でしたね。今回はまた新しい段落に入りまし…

  4. 家畜の歴史について その51

    前回は本質的な目鼻だちや特徴は「時の経過」では変わらないのかもしれないでしたね。今回…

  5. 家畜の歴史について その71

    前回は限られたコンパス内で完全な飼料を必要とします!!!!!でしたね。今回から編集…

  6. 家畜の歴史について その64

    前回はン~~~~~でしたね。今回もデボン牛食べてみたいのラストです。The De…

  7. 家畜の歴史について その46

    前回はリターンのほんの一部が探しましたね。今回も摂食の利益の続きです。Anima…

  8. 家畜の歴史について その36

    前回はインテリジェントな農業者が現れましたね。今回もいろんな食料についてです。T…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP