冬の匂いを残した夜

冬の匂いを残した夜
夏の空を思い出していた

広がる月の光の周りを
丸い雲たちが滑り過ぎていく

手品の裏が見えたみたいに
東京の街がかすれていく

心のなかで君に
ナイフを刺しても
笑っているね

心のなかで君を
水に埋めても
すぐに抜け出して

舞台の裏に消えたみたいだ
東京の街がかすれていく

冬の匂いが通り過ぎたあと
夏の空をまた思い出した

桜の並木が華やいだあと
夏の空を思い出していた

自転車のペダルを漕いで漕いで
東京に近づくと
耳元で風がいくつもいくつも
小さな声援 心のなかへ

心のなかの恋しい恋しい君が
ステージの真ん中で
拍手に答えている

色葉が君へ降り注いだあと
夏の空をまだ思い返していた

心のなかで君に
拍手を贈るよ
愛しい愛しい君へ

日テレドラマ

家畜の歴史について その35

家畜の歴史について その36

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. お前がサメなら俺はフォーク

    お前がサメなら俺はフォークアリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォークお前は優雅に俺を飲み込んだ…

  2. 星屑プレゼント

    星屑プレゼントつなげた星屑プレゼント プレゼント夜でもあなたの素顔が優しく光るよ…

  3. そそ草が

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていたそその様な形の そそ草…

  4. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  5. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  6. 何もないな

    何もないな 誰もいないな何かあるな 誰かいるなAh Ah Ah何か取られた 誰か取られた…

  7. あの信号が変わる前に

    あの信号が変わる前にあの頃 聴き捨てた 恋の歌を 今は涙でかくし 口ずさみ泣いてた?…

  8. 大人になれなかった残党が

    大人になれなかった残党がそれぞれの部屋でもがき苦しむ目だけはギラギラさせて前髪が邪魔…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP