冬の匂いを残した夜

冬の匂いを残した夜
夏の空を思い出していた

広がる月の光の周りを
丸い雲たちが滑り過ぎていく

手品の裏が見えたみたいに
東京の街がかすれていく

心のなかで君に
ナイフを刺しても
笑っているね

心のなかで君を
水に埋めても
すぐに抜け出して

舞台の裏に消えたみたいだ
東京の街がかすれていく

冬の匂いが通り過ぎたあと
夏の空をまた思い出した

桜の並木が華やいだあと
夏の空を思い出していた

自転車のペダルを漕いで漕いで
東京に近づくと
耳元で風がいくつもいくつも
小さな声援 心のなかへ

心のなかの恋しい恋しい君が
ステージの真ん中で
拍手に答えている

色葉が君へ降り注いだあと
夏の空をまだ思い返していた

心のなかで君に
拍手を贈るよ
愛しい愛しい君へ

日テレドラマ

家畜の歴史について その35

家畜の歴史について その36

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

  2. 大人になれなかった残党が

    大人になれなかった残党がそれぞれの部屋でもがき苦しむ目だけはギラギラさせて前髪が邪魔…

  3. 7つの色を持った

    7つの色を持った 夕焼け空の下あなたと俺は肩をくっつけベンチに座った少し赤らんだその…

  4. 小さなキジトラ

    小さなキジトラ 落ちてた弁当漁り今夜も一日しのいでた母と別れて泣くことすら知らずに夜…

  5. 都合のいい記憶

    都合のいい記憶ばっか連鎖した体よく悩めるようにさよならしてた歯車止めたくなくて ぎしぎし…

  6. そそ草が

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていたそその様な形の そそ草…

  7. そそ草

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていた…

  8. 楚々と笑った

    楚々と笑ったさよなら降りそそぐ  窓の外で二人だけ わかりあえる雨が大人にするよ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP