星屑プレゼント

星屑プレゼント

つなげた星屑
プレゼント プレゼント
夜でもあなたの
素顔が優しく光るように

風の一つ一つを
プレゼント プレゼント
あなたの体が少し
ふわりと浮くように

いつかさよならする時
近くの人があなたを
守ってくれなかったとき
そのとき
あなたを守ってくれるように
プレゼント プレゼント

小さな雨雲
プレゼント プレゼント
きっと一緒になって
泣いてくれるはず

夕陽を切り取り
プレゼント プレゼント
毎日 凍えず すむように

たくさんの詩を
プレゼント プレゼント
あなたが僕を
想ってくれますように

日テレドラマ

楚々と笑った

家畜の歴史について その37

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  2. 君がハートを優しくつねる

    君が僕のハートを優しくつねる隣にいたなら肘でつついてやるのに手の届かない席僕をこ…

  3. 通り雨のした

    通り雨のした雲と雨のドラマのしたを通り抜ける脇役ひとり濡れてるんだけどな俺も…

  4. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  5. 君の中に居場所を求めた

    君の中に居場所を求めた君の欲しがる居場所を一緒に探すわけでもなく…

  6. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  7. お前がサメなら俺はフォーク

    お前がサメなら俺はフォークアリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォークお前は優雅に俺を飲み込んだ…

  8. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP