星屑プレゼント

星屑プレゼント

つなげた星屑
プレゼント プレゼント
夜でもあなたの
素顔が優しく光るように

風の一つ一つを
プレゼント プレゼント
あなたの体が少し
ふわりと浮くように

いつかさよならする時
近くの人があなたを
守ってくれなかったとき
そのとき
あなたを守ってくれるように
プレゼント プレゼント

小さな雨雲
プレゼント プレゼント
きっと一緒になって
泣いてくれるはず

夕陽を切り取り
プレゼント プレゼント
毎日 凍えず すむように

たくさんの詩を
プレゼント プレゼント
あなたが僕を
想ってくれますように

日テレドラマ

楚々と笑った

家畜の歴史について その37

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 私はあなたに好きと言って欲しかった

    私はあなたに好きと言って欲しかっただけどあなたは私の作品を見てすごいと言うばかりで最後まで好き…

  2. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

  3. 楚々と笑った

    楚々と笑ったさよなら降りそそぐ  窓の外で二人だけ わかりあえる雨が大人にするよ…

  4. 坂の途中

    坂の途中 小さな公園 石のイス2つ煙草の灰をいくつも落としホットで買ったカフェラテもしだいに冷…

  5. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  6. 鼻と口からでた風邪は

    鼻と口からでた風邪はスイカもパスモも使わずに改札を抜けて総武線 津田沼行に乗…

  7. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  8. 鳥に例えたなら

    鳥に例えたなら 俺たちは風に乗ってそれでもこの先にかごの格子があるんじゃないかって不安に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP