まだ見ぬ神保町へ

まだ見ぬ神保町へ

ひとり部屋の中をひと回り

年がまたひと回り
寒さがこまかくこまかく

記憶を刻んで盗んでく
待てよと言う間に空に浮かんでく

あなたから色が剥がれ
足もとから順に粉が散るよに
わたしの頭のなかから去ってゆく

神保町に行けばあるかな
記憶を留める古文書が

あなたを彩る描き方が
あなたと近づく指南書が

そんなことを考えては
ひとり部屋の中をもうひと回り

いつの間にか年がまたひと回り

神保町へはまだ行くことはなく
雪がはらりと降った知らせだけを聞く

人の記憶の帰る場所
神田神保町

日テレドラマ

BOOTHにてネット販売を始めました!

家畜の歴史について その30

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 夏終わる

    夏終わる僕は僕のままでいい君も君のままでいい…

  2. 天気のいい日に公園で一人

    天気のいい日に公園で一人パンをかじって空を見上げるヘッドホンからはお笑い芸人のラジオが流…

  3. 君の中に居場所を求めた

    君の中に居場所を求めた君の欲しがる居場所を一緒に探すわけでもなく…

  4. 坂の途中

    坂の途中 小さな公園 石のイス2つ煙草の灰をいくつも落としホットで買ったカフェラテもしだいに冷…

  5. プリンみたいな

    プリンみたいな永遠を夢見てたスプーンを取って二人つついて二人は甘い…

  6. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  7. あの信号が

    あの信号が赤になったら出かけよう俺ら大して性格良くないし人から好かれてるとも思わない…

  8. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP