まだ見ぬ神保町へ

まだ見ぬ神保町へ

ひとり部屋の中をひと回り

年がまたひと回り
寒さがこまかくこまかく

記憶を刻んで盗んでく
待てよと言う間に空に浮かんでく

あなたから色が剥がれ
足もとから順に粉が散るよに
わたしの頭のなかから去ってゆく

神保町に行けばあるかな
記憶を留める古文書が

あなたを彩る描き方が
あなたと近づく指南書が

そんなことを考えては
ひとり部屋の中をもうひと回り

いつの間にか年がまたひと回り

神保町へはまだ行くことはなく
雪がはらりと降った知らせだけを聞く

人の記憶の帰る場所
神田神保町

日テレドラマ

BOOTHにてネット販売を始めました!

家畜の歴史について その30

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. あの信号が変わる前に

    あの信号が変わる前にあの頃 聴き捨てた 恋の歌を 今は涙でかくし 口ずさみ泣いてた?…

  2. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  3. このエスカレーターで昇った先は

    このエスカレーターで昇った先は自販機でジュースを買って振り返った先は自動ドアが開いた先は…

  4. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  5. 悲しみを優しく抱え

    悲しみを優しく抱え右に左に大きくゆっくり揺れる悲しい時にね 欲そのものを捨てなさいあ…

  6. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  7. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  8. キミはキャッシュ

    キミはキャッシュおかしなキャッシュぜんぜん変わってないよ?ってキャッシュをどうぞ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP