まだ見ぬ神保町へ

まだ見ぬ神保町へ

ひとり部屋の中をひと回り

年がまたひと回り
寒さがこまかくこまかく

記憶を刻んで盗んでく
待てよと言う間に空に浮かんでく

あなたから色が剥がれ
足もとから順に粉が散るよに
わたしの頭のなかから去ってゆく

神保町に行けばあるかな
記憶を留める古文書が

あなたを彩る描き方が
あなたと近づく指南書が

そんなことを考えては
ひとり部屋の中をもうひと回り

いつの間にか年がまたひと回り

神保町へはまだ行くことはなく
雪がはらりと降った知らせだけを聞く

人の記憶の帰る場所
神田神保町

日テレドラマ

BOOTHにてネット販売を始めました!

家畜の歴史について その30

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 君からの電話

    君からの電話一回鳴ったちょっとは好きだった?ちょっとは嫌いだった?ちょっとは結婚…

  2. レモングラスにカモミール

    レモングラスにカモミール日曜日の夜が好き彼女は言った書棚の中からお気に入り本…

  3. Let’s 焼きそば

    Let’s 焼きそばLet’s 焼きそば食べたくないか?焼きそばLet’s …

  4. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  5. 喉が渇いて

    喉が渇いて水が飲みたくなるように君が気になりメッセージを送ってしまう…

  6. 天気のいい日に公園で一人

    天気のいい日に公園で一人パンをかじって空を見上げるヘッドホンからはお笑い芸人のラジオが流…

  7. 通り雨のした

    通り雨のした雲と雨のドラマのしたを通り抜ける脇役ひとり濡れてるんだけどな俺も…

  8. ラピュタやカリオストロ

    ラピュタやカリオストロそれらが好きだっただけどそうだったのかな?好きだったのはその夜家族でこたつに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP