Club Bのママ

Club Bのママ セーラム越しに呟く
便所みたいな日々があってさ

あたしに笑いかけるやつは皆クソにみえたし
あたしを傷つけるやつはもっと臭いクソに見えた

ケータイ投げ捨てて孤独を気取ったの
いつでも誰でも殴れるように手を閉じて
誰より寂しいくせに誰より臭ってるくせにさ

ある時 自然な優しさかけられて
見たことないほど自然だったから
気づけば泣けるようになってたの

それからまったく変わったわけじゃないけどね
前より大人になった気がした

きっとそれを受け入れられる自分がいたからだって
今じゃ他人はクソに見えるし花にも見える

自分の匂いは臭いときもあるしバラのときもある

あんたの「ラッキー・ストライク」がなくなったら
またここにきなよ 買って来といてあげるから

ここはClub Blue 涙で濡れた
雨の夜だけ灯る Blue Blue Club Blue

日テレドラマ

「私って偉そうですか?」

家畜の歴史について その25

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. ちょっともっと

    ちょっとがもっとになり ずっとに変わるそのずっとの中にほっとを探し出せたらきっと良い関係…

  2. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  3. 朝6時はまだ肌寒く

    朝6時はまだ肌寒く今日を想うにはまだ早く春も終わり 夏が始まる少し前環七沿いを歩いて…

  4. 夕日を反射する

    夕日を反射する大きな窓の奥コインランドリーから柔らかい風うねってまわって自転車のスポークにまわって…

  5. キミはキャッシュ

    キミはキャッシュおかしなキャッシュぜんぜん変わってないよ?ってキャッシュをどうぞ…

  6. あの人以外の人は

    あの人以外の人とは考えられないけれどあの人のことを考え続けるためにはあの人以…

  7. 小さなキジトラ

    小さなキジトラ 落ちてた弁当漁り今夜も一日しのいでた母と別れて泣くことすら知らずに夜…

  8. その羽いいね

    その羽いいね あまりに薄くて見えないくらい照れながら彼女は白鍵の上にふわりと降りた舞っては鳴…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP