ある日の夜

ある日の夜 酒の入った帰り道
土曜の吉祥寺は人だかり
光があちこちで弾けてる その中で

あなたの後ろ姿を見つけた
地面に甘えた歩き方
とたとたとたとハイヒール履くから

肩で隣の男を押して遊んでる
手をたたきながら 華奢な背中が笑ってる

人をかきわけ覗くと違う顔

ホッとした頭上に満月が
5月を告げるゆるい風がそよいでた

30にもなってと呆れた友人
煙草を一本ふかしてさよならを言った

日テレドラマ

家畜の歴史について その15

家畜の歴史について その16

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 朝6時はまだ肌寒く

    朝6時はまだ肌寒く今日を想うにはまだ早く春も終わり 夏が始まる少し前環七沿いを歩いて…

  2. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  3. お前がサメなら俺はフォーク

    お前がサメなら俺はフォークアリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォークお前は優雅に俺を飲み込んだ…

  4. 静かな静かな夜

    静かな静かな夜遠くで遠くで車のタイヤが雨水を弾く音夜行便が静寂を航る音近くで…

  5. ひまわりの歌声

    路肩に転がる 石ころは空のやつらに 毒づいてばかにしてんじゃねぇよと叫んでみても ああせみ…

  6. 喉が渇いて

    喉が渇いて水が飲みたくなるように君が気になりメッセージを送ってしまう…

  7. キミはキャッシュ

    キミはキャッシュおかしなキャッシュぜんぜん変わってないよ?ってキャッシュをどうぞ…

  8. レモングラスにカモミール

    レモングラスにカモミール日曜日の夜が好き彼女は言った書棚の中からお気に入り本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP