ある日の夜

ある日の夜 酒の入った帰り道
土曜の吉祥寺は人だかり
光があちこちで弾けてる その中で

あなたの後ろ姿を見つけた
地面に甘えた歩き方
とたとたとたとハイヒール履くから

肩で隣の男を押して遊んでる
手をたたきながら 華奢な背中が笑ってる

人をかきわけ覗くと違う顔

ホッとした頭上に満月が
5月を告げるゆるい風がそよいでた

30にもなってと呆れた友人
煙草を一本ふかしてさよならを言った

日テレドラマ

家畜の歴史について その15

家畜の歴史について その16

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  2. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  3. 中野のあそこの坂のあの

    中野のあそこの坂のあの確かに隠した坂の下 JRがカーブするレール音に言葉取られる だか…

  4. 「ごめん、待った?」

    「ごめん、待った?」で始まると思っていたら俺が待たせていた 場所を間違えた雑誌で見つけた…

  5. きて星、みて星、きえて星

    きて星、みて星、きえて星そして、スタ、スタ、歩いてきて星…

  6. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

  7. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

  8. お前がサメなら俺はフォーク

    お前がサメなら俺はフォークアリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォークお前は優雅に俺を飲み込んだ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP