君がハートを優しくつねる

君が僕のハートを優しくつねる

隣にいたなら
肘でつついてやるのに
手の届かない席
僕をこっそり見つけて笑う

吸い込まれそうな青空
鳥も雲も教科書も

僕たちも吸い込んで空
宇宙でふたり手をとり回る回る回る

君を僕のノートに書いた時から
その瞬間から
これからが変わっていく
消して書いて塗って
カーテンだけが知ってる二人

吸い込まれそうな青空
街も国も憂鬱も

僕たちも吸い込んで空
宇宙で君を探して回る回る回る

君のふわりコートが揺らめくたびに
そっと届いた
なぜか泣きたくなるよな
淡い甘いにおい
放課後の夕日に溶けていく

日テレドラマ

きて星、みて星、きえて星

家畜の歴史について その35

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. まだ見ぬ神保町へ

    まだ見ぬ神保町へひとり部屋の中をひと回り年がまたひと回り寒さがこまかくこまかく…

  2. ブルーピンクのラブレター

    ブルーピンクのラブレター ひと握りちらちら舞い散るピンクが一輪こんなブルーな空にあなたと…

  3. このエスカレーターで昇った先は

    このエスカレーターで昇った先は自販機でジュースを買って振り返った先は自動ドアが開いた先は…

  4. 都合のいい記憶

    都合のいい記憶ばっか連鎖した体よく悩めるようにさよならしてた歯車止めたくなくて ぎしぎし…

  5. よく聞こえてくるんだモンスター

    よく聞こえてくるんだモンスターそいつはエゴイスティックな慈悲なんだ自分のために他人のせいにし…

  6. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  7. あなたとマージンゼロになりたい

    あなたとマージンゼロになりたい毎日気持ちがカルーセルしていくあなたとマージンゼロになりた…

  8. 冬の匂いを残した夜

    冬の匂いを残した夜夏の空を思い出していた広がる月の光の周りを丸い雲たちが滑り過ぎてい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP