地下鉄の奥の夜空

地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで
返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか
怖いから電話に手を掛ける カラスが吠えた

虹色に染まった曖昧が俺の胸に足元に
炸裂ライブが20年も前からセックスしてる
アルコールと夜空 俺の脊髄を幾千のスピードで

なぜこんなに疲れる一日を何事もなく人は
過ごしていられるの なぜそんなに疲れているの
劣等感で掠れた喉元がちらちら這いずり回る

壁にもたれた純情が吐息の重さで崩れ落ち
電脳サイコのねばつく糸にからみつくラララ
疾走感で掠れた喉元がからから這いずり回る

今日を食い散らかした明日がもうすぐここに来る
昨日の整理も終わらず手を引くアルカウィ
俺は立っていられるだろうか
ジャンクフードを真似た路上に
髪をかきあげる前に風が吹く

日テレドラマ

弱く汚いならば

家畜の歴史について その21

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  2. 悲しみを優しく抱え

    悲しみを優しく抱え右に左に大きくゆっくり揺れる悲しい時にね 欲そのものを捨てなさいあ…

  3. プリンみたいな

    プリンみたいな永遠を夢見てたスプーンを取って二人つついて二人は甘い…

  4. このエスカレーターで昇った先は

    このエスカレーターで昇った先は自販機でジュースを買って振り返った先は自動ドアが開いた先は…

  5. 君からの電話

    君からの電話一回鳴ったちょっとは好きだった?ちょっとは嫌いだった?ちょっとは結婚…

  6. 夕日を反射する

    夕日を反射する大きな窓の奥コインランドリーから柔らかい風うねってまわって自転車のスポークにまわって…

  7. あなたの歩く先には

    あなたの歩く先にはたくさんの人でごった返しているあなたが前へ進むのと同じ様にたくさん…

  8. 都合のいい記憶

    都合のいい記憶ばっか連鎖した体よく悩めるようにさよならしてた歯車止めたくなくて ぎしぎし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP