地下鉄の奥の夜空

地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで
返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか
怖いから電話に手を掛ける カラスが吠えた

虹色に染まった曖昧が俺の胸に足元に
炸裂ライブが20年も前からセックスしてる
アルコールと夜空 俺の脊髄を幾千のスピードで

なぜこんなに疲れる一日を何事もなく人は
過ごしていられるの なぜそんなに疲れているの
劣等感で掠れた喉元がちらちら這いずり回る

壁にもたれた純情が吐息の重さで崩れ落ち
電脳サイコのねばつく糸にからみつくラララ
疾走感で掠れた喉元がからから這いずり回る

今日を食い散らかした明日がもうすぐここに来る
昨日の整理も終わらず手を引くアルカウィ
俺は立っていられるだろうか
ジャンクフードを真似た路上に
髪をかきあげる前に風が吹く

日テレドラマ

弱く汚いならば

家畜の歴史について その21

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. アナタは嫌いじゃないわ

    アナタは嫌いじゃないわ でも好きじゃないだって アナタはいずれ私のそばを離れてゆくからもう何…

  2. このエスカレーターで昇った先は

    このエスカレーターで昇った先は自販機でジュースを買って振り返った先は自動ドアが開いた先は…

  3. お前がサメなら俺はフォーク

    お前がサメなら俺はフォークアリゾナ辺りの海溝で錆びつくフォークお前は優雅に俺を飲み込んだ…

  4. その羽いいね

    その羽いいね あまりに薄くて見えないくらい照れながら彼女は白鍵の上にふわりと降りた舞っては鳴…

  5. あの人以外の人は

    あの人以外の人とは考えられないけれどあの人のことを考え続けるためにはあの人以…

  6. あの信号が

    あの信号が赤になったら出かけよう俺ら大して性格良くないし人から好かれてるとも思わない…

  7. 冬になったら

    冬になったらなんとなくライトを替えた蛍光灯から白熱球に春になったらなんと…

  8. 静かな静かな夜

    静かな静かな夜遠くで遠くで車のタイヤが雨水を弾く音夜行便が静寂を航る音近くで…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP