地下鉄の奥の夜空

地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで
返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか
怖いから電話に手を掛ける カラスが吠えた

虹色に染まった曖昧が俺の胸に足元に
炸裂ライブが20年も前からセックスしてる
アルコールと夜空 俺の脊髄を幾千のスピードで

なぜこんなに疲れる一日を何事もなく人は
過ごしていられるの なぜそんなに疲れているの
劣等感で掠れた喉元がちらちら這いずり回る

壁にもたれた純情が吐息の重さで崩れ落ち
電脳サイコのねばつく糸にからみつくラララ
疾走感で掠れた喉元がからから這いずり回る

今日を食い散らかした明日がもうすぐここに来る
昨日の整理も終わらず手を引くアルカウィ
俺は立っていられるだろうか
ジャンクフードを真似た路上に
髪をかきあげる前に風が吹く

日テレドラマ

弱く汚いならば

家畜の歴史について その21

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  2. 普段は良質なガスがあって

    普段は良質なガスがあってそれを幸せと呼び心はそれでいつも膨らんでいるのだけど循環が良くな…

  3. 静かな静かな夜

    静かな静かな夜遠くで遠くで車のタイヤが雨水を弾く音夜行便が静寂を航る音近くで…

  4. ざらつく月曜日の壁とか

    ざらつく月曜日の壁とかからみつく金曜日の残り香西陽の笑顔が悲しいから逃げたくなる時間…

  5. あの信号が変わる前に

    あの信号が変わる前にあの頃 聴き捨てた 恋の歌を 今は涙でかくし 口ずさみ泣いてた?…

  6. フリーフリーフリー

    フリーフリーフリーあれこれフリー アルコールフリーフリーフリーフリー知ったかブリー 知ら…

  7. 坂の途中

    坂の途中 小さな公園 石のイス2つ煙草の灰をいくつも落としホットで買ったカフェラテもしだいに冷…

  8. レモングラスにカモミール

    レモングラスにカモミール日曜日の夜が好き彼女は言った書棚の中からお気に入り本…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP