弱く汚いならば

弱く汚いならば 弱く汚れていればいい
きっと俺の刀は誰も研いでくれない
それでいい 色んな色でくすんだ黒い刀剣
自分で研いで その切れ味に苦悩して自問して
死ぬ頃にはきっと それでも満足してる気がする

信じるよりも信じられる男でありたいと
俺の想像力はそうなるための刀だろう
百層にも重なる人の心のほんの二、三を想うため
俺は日々想像しようとしてるんだ
弱汚の剣の切れ味ならば俺が一番わかってる

そしてただ弱汚(おなじ)人を嫌いになずにいられたら
混じり合う響きに耳を広げられたなら
その時こそ俺は自由で居られる気がすんだ
邪はきっと消えないけれど ずっとじゃないんだ

この平凡は続く 憧れを噛みしめながら
甘いのに虫歯にならないすぐれもの 日々を行く

日テレドラマ

ねえBのママ

地下鉄の奥の夜空

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 「私って偉そうですか?」

    「私って偉そうですか?」ってジェシーが泣き出した「いいえ、でもあの、聞いて」って言われてさらに泣…

  2. ブルーピンクのラブレター

    ブルーピンクのラブレター ひと握りちらちら舞い散るピンクが一輪こんなブルーな空にあなたと…

  3. 坂の途中

    坂の途中 小さな公園 石のイス2つ煙草の灰をいくつも落としホットで買ったカフェラテもしだいに冷…

  4. あの信号が

    あの信号が赤になったら出かけよう俺ら大して性格良くないし人から好かれてるとも思わない…

  5. ねえBのママ

    ねえBのママ 俺は幸せにいつかなると信じたよ誠実と優しさを感じる時の俺は強いんだこれからは苦…

  6. そそ草

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていた…

  7. 朝6時はまだ肌寒く

    朝6時はまだ肌寒く今日を想うにはまだ早く春も終わり 夏が始まる少し前環七沿いを歩いて…

  8. 冬になったら

    冬になったらなんとなくライトを替えた蛍光灯から白熱球に春になったらなんと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP