「午前零時の可視光線」より

“たのうえ先輩がSFの面白さをひとしきり語ったあとこう締めくくった。
「こんな12時過ぎにね、新宿のホームではこれだけの人がいてさ。それだけでもうサイエンスじゃない。女の子はほら、お尻を左右にプリプリ振ってさあ、男はまあ、もさもさと相変わらず歩いてて、その人たち全てに生活があって、これからも生活がある。でも、それを全て俺らは知ることが出来ない。その辺はもうフィクションでしょ。かぶらぎ君」
僕はスマホをいじる手を止め、おざなりに辺りを見渡した後、はあと相づちを打った。”
—–「午前零時の可視光線」より

日テレドラマ

見留めて(好きになって)

女性がみんな化粧をやめたらどうなんの??

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. ちゃんとする、を

    ちゃんとする、をちゃんとしすぎて不自然にならないように考えてみる…

  2. あれ?もしかして

    あれ?もしかしてあるテーマで日本と海外を比較するとき日本の悪いところと海外の良いところだ…

  3. 自分が作りたいもの、と

    自分が作りたいもの、と人が見たいもの、との間隔が大きいと伝わらないと思うので…

  4. 自分が創作で必要なのは

    自分が創作で必要なのはインプットでもアウトプットでもなく褒められそうという期待と…

  5. 聞くことより

    聞くことより話すことを優先しようすると聞き取りが不十分で勘違いが起きやすいと思う…

  6. 不安やいらだちのときは、

    もしかしたら不安やいらだちのときは、ほぼすべて自分のことを中心に考えているときかも…

  7. ポジティブよりもネガティブのほうが

    ポジティブよりもネガティブのほうが面白く、納得しやすい気がして、ポジティブは胡散臭…

  8. 自分へのメリットばかりを考えてないか?

    自分へのメリットばかりを考えてないか?その考えはデメリットだぞ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP