会話の中では2極に別れている気がする

会話の中では2極に分かれている気がする

それは、遠慮はないが気遣いもない

それと、遠慮しながら気遣いもある

前者は答えにたどり着くのは最短だが

お互いの気持ちは離れていく気がするし、

後者はお互いの気持ちは近づく

かもしれないが、答えが遠のく気がする

バランスをたもって、遠慮なく言ったり

聞いたりするけど、言い方や聞き方には

気遣いを入れるが良さそう

日テレドラマ

話すことが苦手になるのは

自分が謝る、とは、それをすると同時に

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 雰囲気に流されるというのは

    雰囲気に流されるというのは気持ちの良いものかもしれないそれは、考えるのに疲れたとき…

  2. 自分たちで作詞作曲

    自分たちで作詞作曲振り付けをして自分たちで単独ライブをするアイドルっているんだろうか応援し…

  3. 怒られると面倒だからやめとこ

    怒られると面倒だからやめとこ= 大人の事情怒られても面倒でもやろう= 子供…

  4. 自分が何か新しい物事を始めたり

    自分が何か新しい物事を始めたり、どこか新しいところに行ったり、誰か見知らぬ人と会っ…

  5. 王道から外れたものを

    王道から外れたものを求めていると、誰からも気づかれないまま終わる可能性…

  6. 1億2千万人のうちの1万人が

    1億2千万人のうちの1万人がリツイートしただけ1億2千万人のなかの1企業が…

  7. 会話として、楽に伝えられるのが

    会話として、楽に伝えられるのが批判、指摘、疑問、なのかもしれないが労い、褒め、感謝…

  8. 自分へのメリットばかりを考えてないか?

    自分へのメリットばかりを考えてないか?その考えはデメリットだぞ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP