「午前零時の可視光線」より

“たのうえ先輩がSFの面白さをひとしきり語ったあとこう締めくくった。
「こんな12時過ぎにね、新宿のホームではこれだけの人がいてさ。それだけでもうサイエンスじゃない。女の子はほら、お尻を左右にプリプリ振ってさあ、男はまあ、もさもさと相変わらず歩いてて、その人たち全てに生活があって、これからも生活がある。でも、それを全て俺らは知ることが出来ない。その辺はもうフィクションでしょ。かぶらぎ君」
僕はスマホをいじる手を止め、おざなりに辺りを見渡した後、はあと相づちを打った。”
—–「午前零時の可視光線」より

START-UP ENGLISH

見留めて(好きになって)

女性がみんな化粧をやめたらどうなんの??

関連記事

  1. 「よくできました真理子さん」

    中目黒の地下にあるBARでちょっと頑固な(板東英二にそっくりの)父と二人で切り盛りしている内気で強…

  2. 美味しそうに笑う

    美味しそうに笑う…

  3. 学(ダイ)ぶ

    学(ダイ)ぶ…

  4. ルンルンしすぎー、TOO LUN!

    ルンルンしすぎー、TOO LUN!ルンルンを貴女に。to LUN!…

  5. 一寸法師のミッスィングボーイ

    一寸法師のミッスィングボーイ…

  6. こ、これは天国絵図だ…!

    こ、これは天国絵図だ…!…

  7. 【だした答えは大雨で】

    暮らしの 日々のなかであてのないまま笑うように慣れ合いは続いたね体のどこかに虹色を持て…

  8. 最近、笑顔が足りなくないか?

    最近、笑顔が足りなくないか?笑顔を…

PAGE TOP