発表時の緊張状態というのは

発表時の緊張状態というのは

どんなときに起きるかと思い、

過去を振り返って考えてみると、

基本的に物事を悪く捉えている時だと思う

その時その時で思う、悪い結果ばかりを

思いつくときに不安からくる緊張感が

発生しているので、

単純に物事を良く捉えるような内容を

考えたり、大丈夫という曖昧な言葉より

具体的に、こんな良いことや、

こんな良いことをみんな考えてくれている

と想像し続ければ、良い緊張状態に

なる気がするし、あと練習や現地調査など

発表の雰囲気を体に慣れさせるのは

やはり、大事かもしれないし、

後悔も少ないかもしれない

日テレドラマ

ダサいというのは、多くの人がする

行ってみたい場所

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. ハッキリ言う

    ハッキリ言うというのは面白くもありスッキリとした快感もあるけどすごく嘘を含んでる気…

  2. 自分たちで作詞作曲

    自分たちで作詞作曲振り付けをして自分たちで単独ライブをするアイドルっているんだろうか応援し…

  3. 例えばAさんが1から物事を考え始めて、

    例えばAさんが1から物事を考え始めて、10に到達したいとき、人は1から6までは良い…

  4. 辛いことや、追い求めていたことから

    辛いことや、追い求めていたことから逃げたり、諦めたりしてもいいと思うけどなぜ逃げる…

  5. プロ=滅私奉公

    プロ=滅私奉公と勘違いしてはいけないいかに協力しあえるかいかに信頼しあえるかその考えを楽しめ…

  6. ねこのかわいさを

    ねこのかわいさをあらわす写真はあるがねこのかっこよさをあらわす写真はなさそう…

  7. 「午前零時の可視光線」より

    "たのうえ先輩がSFの面白さをひとしきり語ったあとこう締めくくった。「こんな12時過ぎにね、新宿の…

  8. この世に天才は存在しない

    この世に天才は存在しない生まれた時に時代宝くじに当たった人両親宝くじに当たった人神経宝くじに…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP