発表時の緊張状態というのは

発表時の緊張状態というのは

どんなときに起きるかと思い、

過去を振り返って考えてみると、

基本的に物事を悪く捉えている時だと思う

その時その時で思う、悪い結果ばかりを

思いつくときに不安からくる緊張感が

発生しているので、

単純に物事を良く捉えるような内容を

考えたり、大丈夫という曖昧な言葉より

具体的に、こんな良いことや、

こんな良いことをみんな考えてくれている

と想像し続ければ、良い緊張状態に

なる気がするし、あと練習や現地調査など

発表の雰囲気を体に慣れさせるのは

やはり、大事かもしれないし、

後悔も少ないかもしれない

日テレドラマ

ダサいというのは、多くの人がする

行ってみたい場所

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 毒舌というのは、原因に対して

    毒舌というのは、原因に対して一直線で結論づけること、もしくは極論づけることなのかも…

  2. 小籠包じゃ足りない!

    小籠包じゃ足りない!大籠包持ってこーい!…

  3. 見たくない現実的な情報より

    見たくない現実的な情報より優しい嘘に惹かれることと、細かく記述されている原文より…

  4. 自己評価を低くせず

    自己評価を低くせずされど調子に乗らずなのが、難しい…

  5. 失敗も成功も

    失敗も成功もただの結果論選択肢があり、そのどれかを選ぶかだけだただそれだけ…

  6. 一人でなんとかしようと思うと

    一人でなんとかしようと思うと眠れなくなり誰かがなんとかしてくれると思うと眠…

  7. 面白さ、新しさ、正しさに目が行くと

    面白さ、新しさ、正しさに目が行くとそれを伝える労力はかけるが、伝わる労力をおろそか…

  8. 自分に自信が無いときは

    自分に自信が無いときは自信のある人に惹かれやすくなるのかも自分が誰に惹かれているか…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP