発表時の緊張状態というのは

発表時の緊張状態というのは

どんなときに起きるかと思い、

過去を振り返って考えてみると、

基本的に物事を悪く捉えている時だと思う

その時その時で思う、悪い結果ばかりを

思いつくときに不安からくる緊張感が

発生しているので、

単純に物事を良く捉えるような内容を

考えたり、大丈夫という曖昧な言葉より

具体的に、こんな良いことや、

こんな良いことをみんな考えてくれている

と想像し続ければ、良い緊張状態に

なる気がするし、あと練習や現地調査など

発表の雰囲気を体に慣れさせるのは

やはり、大事かもしれないし、

後悔も少ないかもしれない

日テレドラマ

ダサいというのは、多くの人がする

行ってみたい場所

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. あるあるを思いつく人ほど

    あるあるを思いつく人ほどコミュニケーションがうまいのではないだろうか各方面…

  2. 相手が大好きでないなら

    相手が大好きでないなら頼まれたことは自分にメリットがあるか明確に相手に大好きだと思わ…

  3. 作るものに、どんどん付け加えるのは

    作るものに、どんどん付け加えるのは楽しいし、作った感もあって安心するがそれはどんど…

  4. あれ?もしかして

    あれ?もしかしてあるテーマで日本と海外を比較するとき日本の悪いところと海外の良いところだ…

  5. 自分は伝えたいという気持ちが

    自分は伝えたいという気持ちが強くあるにも関わらず、伝わらないという気持ちのほうが強…

  6. 年のせい、とか、日本が、とか

    年のせい、とか、日本が、とか漠然として、変えることが不可能なものを相手取って話を始めたときは…

  7. 人見知りを何で隠すのか

    人見知りを何で隠すのか目線?感情?表情?声音?話量?知識量?流行?人見知りを隠す手段を…

  8. 善人や前向きであろうとする前に

    善人や前向きであろうとする前に他人も自分もを見下さず、期待をしないという考えを意識…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP