発表時の緊張状態というのは

発表時の緊張状態というのは

どんなときに起きるかと思い、

過去を振り返って考えてみると、

基本的に物事を悪く捉えている時だと思う

その時その時で思う、悪い結果ばかりを

思いつくときに不安からくる緊張感が

発生しているので、

単純に物事を良く捉えるような内容を

考えたり、大丈夫という曖昧な言葉より

具体的に、こんな良いことや、

こんな良いことをみんな考えてくれている

と想像し続ければ、良い緊張状態に

なる気がするし、あと練習や現地調査など

発表の雰囲気を体に慣れさせるのは

やはり、大事かもしれないし、

後悔も少ないかもしれない

日テレドラマ

ダサいというのは、多くの人がする

行ってみたい場所

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 風邪

    風邪ひいちゃいまして(鼻が、喉が、心が、脳が)…

  2. ツイッターのフォロー上限は100人で

    ツイッターのフォロー上限は100人で101人目をフォローするとフォローしていた100人の内か…

  3. 自分の気持ちを背負いすぎて

    自分の気持ちを背負いすぎて相手の気持ちがわからないままでまた、自分を下げてしまうと…

  4. 教える、と

    教える、と知識を披露する、とは違ってて相手と向き合ってるか自分の気持ちよさか…

  5. 自分の話をするより、相手の話を聞く方が

    自分の話をするより、まず、相手の話を聞く方が自分の持ってる情報+相手から聞けた情報…

  6. 早い、遅いや、高い、低いや、

    早い、遅いや、高い、低いや、多い、少ないなどに優劣、正否を付け加えることが社会性だ…

  7. 頑張る、よりも、頑張った

    頑張る、よりも、頑張った頑張れ、よりも、頑張ったねと言う方が、安心感と達成感…

  8. 事実や正解、正論は非常に効率的だが

    事実や正解、正論は非常に効率的だがあえて無いものを探すとしたらそれは感情なんじゃな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP