会話として、楽に伝えられるのが

会話として、楽に伝えられるのが

批判、指摘、疑問、なのかもしれないが

労い、褒め、感謝を前提にした上で

批判、指摘、疑問、を行うことで

会話として、伝わりやすくなる気がする

前提を軽んじて、おろそかにして、

批判、指摘、疑問、伝えると

遺恨、優劣、萎縮という、

重荷が増えて動きが遅くなって

逆に会話としての効率が悪くなり、

その先にある、提案、発想、共有まで

届きにくくなる気がする

つまり会話は気持ちの上に成り立っている

行動なんだとあらためて思う

気持ちを伝えるのがやはり会話としては

最短ルートで伝わり易い行動なんだと思う

日テレドラマ

会話をすることは簡単なことだと

ゲームや酒を何度も楽しむのは

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 「感動の物語」というキャッチコピーを

    「感動の物語」というキャッチコピーを使うのは、「感動の物語なんていう使い古されたコ…

  2. 王道から外れたものを

    王道から外れたものを求めていると、誰からも気づかれないまま終わる可能性…

  3. 考えをなにかに依存させて

    考えをなにかに依存させてその考えを知らずに自分の考えとしているのかもしれない…

  4. 勉強に面白みを感じない人、

    勉強に面白みを感じない人、もしくは勉強に不慣れな人ほど人の話を聞き入れることも…

  5. 指摘を怖がるのは、慢性的な自己否定

    指摘を怖がるのは、慢性的な自己否定からくるものなのかもしれないその自己否定を増長し…

  6. 自分のコンプレックスは自分で何とかする

    自分のコンプレックスは自分で何とかすると言うのが当たり前だと思うが知らず知らずのう…

  7. 自分がお笑い芸人の話の中で

    自分がお笑い芸人の話の中でどんな内容によく笑うかと考えてみるとめちゃくちゃくだらな…

  8. カフェやイベントに

    カフェやイベントに行っても途中で冷めることがあるのはそこに来る人たちの雰囲気に勝手に身内…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP