自分が何か新しい物事を始めたり

自分が何か新しい物事を始めたり、

どこか新しいところに行ったり、

誰か見知らぬ人と会ったり、始まる事を

億劫に感じるのは、全てにおいて

「疲れる」が結果として付いてくるのを

避けたいからなんじゃないだろうか

疲れることに対して、

良い印象がないからなのかもしれない

もし今までで、疲れたけど楽しかったね

という記憶がいくつも鮮明に残っていたら

億劫というものはなかったのかもしれない

疲れるから嫌だといわけでなく、

いかに疲れる、を好意的に受け入れるには

どうしたらいいか考えてみる

日テレドラマ

褒められると、ジワジワと体に

自分の中で完璧を求めてしまうと

漫画全巻ドットコム
勇者ヨシヒコ

関連記事

  1. 心を開いても、閉じても

    心を開いても、閉じても物事は解決しそうだけど解決する時間に差がありそう閉じてるときは開いたと…

  2. 「製品感(カッチリ)」「型」と

    「製品感(カッチリ)」「型」と「手作り感(まったり)」「情」…

  3. 面白さ、新しさ、正しさに目が行くと

    面白さ、新しさ、正しさに目が行くとそれを伝える労力はかけるが、伝わる労力をおろそか…

  4. 機嫌の良いときと悪いときは

    機嫌の良いときと悪いときは周りにも影響させてしまうかも自分で気づきづらいのが難点また他人と…

  5. 寂しいというのも、恥ずかしいというのも

    寂しいというのも、恥ずかしいというのもただの思い込みという気がする寂しい理由も、恥…

  6. あの人も俺も

    あの人も俺も悪い人ではないと思うあの人も俺もいい人だと思うでもあの人も俺もどういい人…

  7. 正論は土台で

    正論は土台でそこから自由になりたいのに正論を壁や屋根に使ってしまわないよう…

  8. 悪いことを悪いと言って

    悪いことを悪いと言って良くなることはあっただろうか良いところを良いと言って…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP