悲しみを優しく抱え

悲しみを優しく抱え
右に左に大きくゆっくり揺れる

悲しい時にね 欲そのものを捨てなさい
ああしたかった こうしたかった
ああしたい こうしたい
そんな欲が度を超えたとき
人は悲しくなるの 寂しくなるの
無力や絶望を感じるの

だからね 今 できることだけをしなさい
散歩に出かけられるなら散歩に
部屋の掃除ができるなら掃除を
お風呂に入れるなら湯船にゆっくりと
呼吸ができるならそれだけをしっかりと

まだ悲しい?
心に住んでる人々の声に耳を傾けなさい
何か聞こえる?
みんなに“ごめんなさい”と“ありがとう”を
繰り返し言ってあげて

あゝ、荒野バナー

家畜の歴史について その16

鼻と口からでた風邪は

関連記事

  1. 君からの電話

    君からの電話一回鳴ったちょっとは好きだった?ちょっとは嫌いだった?ちょっとは結婚…

  2. 7つの色を持った

    7つの色を持った 夕焼け空の下あなたと俺は肩をくっつけベンチに座った少し赤らんだその…

  3. もっとずっと

    もっとずっとこのままで もう少しちょっとまっての言葉すら波に消されていく君の前で…

  4. 地下鉄の奥の夜空

    地下鉄の奥の夜空 俺たちの左を幾百かのスピードで返事をしないままいたら 皆 去っていくのだろうか…

  5. 鳥に例えたなら

    鳥に例えたなら 俺たちは風に乗ってそれでもこの先にかごの格子があるんじゃないかって不安に…

  6. 弱く汚いならば

    弱く汚いならば 弱く汚れていればいいきっと俺の刀は誰も研いでくれないそれでいい 色んな色でく…

  7. 似ていた

    似ていた似ていたから似ていただけだ似ていたな髪型? 体型?身…

  8. そそ草

    そそ草が 生えていた何もなくなった大地にそそくさと 生えていた…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP